So-net無料ブログ作成

ローズ・デ・キャトルヴァンはゴージャス! [ガーデニング]

今年の春のキャトルヴァン嬢も美人でした

すっかり報告が遅れてしまいましたが、先月我が家にあるお気に入りのバラ、ローズ・デ・キャトルヴァンが咲きました。私が社宅で育てているバラの中でも株の成長がゆっくりなのか、花を咲かせるのに体力を使うのか遅咲きの品種になります。とにかく大輪で花弁がギュッと詰まった花はベリー系の強香が特徴で、一言で表現するなら「ゴージャス」に尽きます。

キャトルヴァン_2019 (2).JPG
蕾が綻びだす段階から香りがします

今年は1番花で5つの蕾を開花させることに成功しました。写真からも分かる様に長く伸びたステムの先に1つの花を咲かせるので、枝(シュート)の数=花の数になります。今年はシュートの数を増やす剪定を冬に施したので、自分史上最多5つの花を付けることに成功しました。

キャトルヴァン_2019 (1).JPG
中がクルクルで、ロゼット咲きの典型

春は赤みの強い花色ですが、これから季節が進むと花弁が本当に少しだけですが黒味が出てきます。これだけゴージャスなバラでも四季咲きで、早くもただ今2番花の蕾が上がっています。

キャトルヴァン_2019 (3).JPG
美人だ!

花もちは約5日。シェパーデスは1日花なので、それと比べると最高に長持ちです(感涙)。この姿から先進むとダラっとした印象になってしまうのでこの辺が一番綺麗な頃だと思っています。我が家の中でも筆頭の肥料食いなのでせっせと肥料をやっています。2番花を咲かせた後は梅雨の時期でもあるので、病気に気を付けながら蕾は摘んで株の充実に専念したいと思います!今年のキャトルヴァン嬢のゴージャスな姿にウットリです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

豊饒の海シリーズの初版本か!? [本]

超幸運な巡り合わせに即買い

最近本のレビューを書いていないのですが、私本好きです。好きな作家は三島由紀夫で、彼の文学館にドライブで出かけたりと折々に本に関連する場所に行ったり、好きな本を読み返したりしています。先週仕事で神保町に行く機会があり、直帰ということで帰りがけに古本屋さんをぶらぶらしていたところ(神保町で古本屋街を歩くだけでも楽しい!)、私が好きな「豊饒の海」というシリーズの新潮社のハードカバー4冊がセットで売られているのを発見。このシリーズは単行本で何度も読み返している程好きなシリーズであることもあり、パラパラっと中を確認して購入してきました。ちなみに1冊目の「春の雪」は映画化されています!

豊饒の海_初版本 (1).JPG
4冊並べると圧巻。左がカバーで、右が本。昔の本は装丁が綺麗です。

三島由紀夫は私が生まれる10年以上も前に亡くなっているので、彼の作品が発売された当時の本を入手する機会は古本屋での偶然の出会い以外ありません(文庫本は除く)。今回購入した4冊は状態としては特に綺麗なわけではなく、箱が少し削れていたり若干日焼けしている部分もありますが、本としては全く問題ありません。また、最後のページには多分この本の前の所有者さんが書き込んだと思われる日付が書かれています。

豊饒の海_初版本 (3).JPG
1969年2月28日に購入したのか、読了したのかだと思います。

購入した4冊ともに同じ筆跡で同じ場所に記入があったので、前の所有者さんはセットで持っていたものを売りにだしたことが分かります。こういう書き込みが嫌だという人もいますが、私は既に絶版となっている本は次の世代に残すための”管理人”として一時的に預かっているだけという感覚なので気になりません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

カクテルレシピのバイブル「サヴォイカクテルブック」 [本]

カクテルレシピが一気に増えてます!

前回のエントリーでも書いたように最近宅飲みにはまっています。はまっていますと書くと不健康な印象ですが、仕事で頑張った日や良い結果が出た日に”自分へのご褒美”の様な感じです。決してアル中ではないのでご安心を(笑)。そんな私に弟が誕生日プレゼントで以前から欲しかった「The SAVOY Cocktail Book」をプレゼントしてくれました。

Savoy_カクテルブック (1).JPG
ペーパーバッグです

このカクテルブックはイギリスロンドンにある高級ホテル「サヴォイホテル」のヘッドバーテンダーを務めたハリー・クラドック氏がまとめて1930年に発行したカクテルレシピ集です。カクテル以外にもワイン等の基礎知識が掲載されているのですが、この本の魅力は何といっても全ページカラーでアルファベット順で掲載されているカクテルのレシピ集です。

Savoy_カクテルブック (2).JPG
お洒落なイラストが沢山載っています

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

宅飲みを1滴でグレードアップ「アンゴスチュラビターズ」 [おいしいもの]

お家に1つあるとお酒の味がレベルアップ!

最近忙しくて仕事でヘトヘトになって帰宅し、自宅で一人ちびちび飲むことが多い私(悲し~!!)。いくつかのスピリッツに家にある割材で気分転換を兼ねてカクテルを作っていますが、最近「アンゴスチュラビターズ」というリキュールをレパートリーに投入することで、一気に宅飲みのレベルアップに成功しました。

アンゴスチュラビターズ.JPG
白い紙に巻かれています

「アンゴスチュラビターズ」はバーには必ずある定番品で、仕上げに欠かせない魔法の1滴の様に使われます。お酒が好きな人やバーによく行かれる人にはお馴染みかと思います。私も結構お世話になっていたのですが、宅飲みでこれを投入する日が来るとは思っていませんでした(苦笑)

アンゴスチュラビターズはその名が示す通り苦味を加えるもので、甘い味のカクテルがあまり得意ではない人にはかなり強い味方です。実際私も「ホワイトレディー」や「XYZ」と言ったオレンジキュラソーにレモンジュースで作るカクテルが少し甘くてライムジュースに変える等レシピを変えていたのですが、アンゴスチュラビターズを少し多めに入れることで苦味が入って甘みがスッキリしてオリジナルのままで飲めるようになりました。バーには必ずあるリキュールでお店で見かけたことがある人も多いと思いますが、少し大きめのお酒屋さん(リカーショップ)で買うことが出来ます。私もかなり大きな郊外にあるリカーショップで購入しました。購入後は大活躍しており、あるとないとでは味に大きく違いが出てきます。

よく社会人になると付き合い等で仕事の愚痴を聞きながら、もしくは愚痴りながらお酒を飲むことが多いのですが、私は基本的にお酒を飲む時は仕事で「良い事」や「頑張った時」だけにしています。幸いにも外資系の会社なので「飲みニケーション」の強要が無いので、メンバーを見てそういった席になりそうな宴席は基本お断りします。アルコールの作用か辛い時や愚痴りながらのお酒は美味しくない上に非生産的。しかも愚痴の内容(嫌な記憶)がお酒を飲んでいない時以上に長く影響する気がするからです。そんな席に出るくらいなら自分で好きなカクテルを作って、良い音楽を聞きながら、もしくは映画を見ながら飲んだ方がよっぽど楽しいですしね!

ところでこの「アンゴスチュラビターズ」ですが、皆さんカバーの様にまかれている白い紙って外してますか?つけっぱなしにしているのですが、外すのが正解なのか取るのが正解なのか分からずそのまんまなんですよね。皆さんどうしてますか?

アンゴスチュラ アロマティック ビターズ [ リキュール 200ml ]

アンゴスチュラ アロマティック ビターズ [ リキュール 200ml ]

  • 出版社/メーカー: 明治屋
  • メディア: 食品&飲料

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショック。オリンピックのチケット全落選 [つれづれ日記]

全部はずれてた・・・

先週出張で少し忙しくしておりオリンピックの抽選発表結果をようやく確認することが出来ました。抽選結果は見事に全部落選。まさかの1枚も当たらないという残念過ぎる結果に。周りの人に聞いても誰も当たっていないみたいですが、一体どれぐらいの倍率だったのかと不思議で仕方ありません。全部外れたことを知って一日ガッカリです。折角オリンピック期間は仕事を休んで観戦に行こうと思っていたのに、これで心置きなく仕事に専念できそうです。はぁ、残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

害虫対策にも効果抜群「ハッカ油」の季節到来 [ガーデニング]

色々使える天然物質「はっか油」を投入

ベランダに植木鉢を置いてバラ様のお世話を一生懸命しているのですが、ここ数週間でコバエが湧いてくるようになりました。多分原因はバラの花ビラが落ちてしまい、仕事にかまけて毎日落ちた花がらを拾わなかったことや有機肥料を使っていることが原因だと思われます。実家でもこれまでコバエが湧くという経験が無かったので調べたところ家にある物でかなり強力な害虫退治グッズが作れることが判明しました。それは「ハッカ油」です!

はっか油.JPG
ドラッグストアーで買えますよ!

ハッカ油とエタノール、そして水を混ぜたハッカ油ミストは綺麗にしたベランダに吹きかけるとコバエや憎き敵ゴキブリを寄せ付けない効果を発揮します。勿論家の水回りに使っても同様の効果があり、台所の三角コーナーなどに使っている方も多いのではないでしょうか。私もミントの香りが好きなので(ハッカ=ミント)、クイックルワイパーに数滴垂らして床掃除の仕上げに使っていますし、夏場は湯上りに化粧水に数滴落として「シーブ〇ーズ」代わりにボディーローションとして使ってスース―爽快感を味わっています。他にも活用方法は沢山あり、特に有名なのは子供や肌が弱い人が使える天然由来の虫よけスプレーでしょうか。キャンプ等で大活躍間違いなしですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

遅ればせながら購入!椎名林檎様の新アルバム「三毒史」 [本]

林檎ワールドやっぱり最高です!

【Amazon.co.jp限定】三毒史(初回限定生産盤)【特典:ステッカー付】 先週5年ぶりのオリジナルアルバム「三毒史」をリリースした椎名林檎さん。林檎ファンの私は前から購入は決めていたもののすっかり出遅れてしまい、ようやく購入に至りました。今回のアルバムは事前に先行してリリースされていた曲が多かったので、半分は既に聞いたことがある曲でしたが、それらの曲を1つのアルバムに集めてどんな世界観にまとめるのか興味があったのですが、さすがは林檎さん、完全に林檎ワールド全開で最高でした!

昨年の大みそかの紅白歌合戦で林檎さんとゲストヴォーカルのエレファントカシマシの宮本さんが歌った「獣ゆく細道」は疾走感と退廃感がありながらも、他人に左右されず(自己欺瞞を捨てて)折角の命を最期まで燃やし続けろ!というメッセージ性が強い曲で大好きです。林檎さんというと、奇抜な世界観や衣装に注目が行きがちですが、しっかりと曲を聞いてみると人生賛歌の色がところどころにちりばめられていて、生きることに前向きになれるパワーがもらえます。それに曲にもよるんですが、結構ジャズのビッグバンドの要素があったりと楽曲がジャズ好きにもたまらないんですよね~。これから夏に季節が向かうので夏を歌った「長く短い祭り」の季節かも。


浮雲さんのラップも良い感じですよね~。あの脱力感最高!とにかく全部が最高なので、しばらくこの「三毒史」が私の通勤のお供としてヘビロテ決定です!

椎名林檎さんと言えば、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックの演出メンバーの1人です。前回のリオデジャネイロオリンピックでのフラッグセレモニーで、これまでのべたで手垢の付いた「使い古された和」推しの日本のイメージを一新し、カッコいい日本を世界に強烈に打ち出して大成功をおさめました。来年の開会式と閉会式も林檎ワールドのエッセンスをしっかり取り入れた格好いい日本で演出してほしいです。間違っても長野オリンピックの大参事は勘弁してほしい!!

【Amazon.co.jp限定】三毒史(初回限定生産盤)【特典:ステッカー付】

【Amazon.co.jp限定】三毒史(初回限定生産盤)【特典:ステッカー付】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/05/27
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

願い事はなんでも叶う!?遠江国一宮「事任八幡宮」 [のんびり御朱印集め(集印)]

境内で言った言葉は全部が現実になる!?

遠江の一宮である「事任八幡宮(ことのまま八幡宮)」に行って来ました。こちらの神社は静岡県内のパワースポットとして近年人気があり、特に願い事が叶うということで参拝客が増えているそうです。そんなご利益がある神社なら是非参拝しないといけませんね~(笑)。ということで掛川にある八幡宮まで行って来ました!

事任八幡宮 (1).JPG
土曜の午後ということで参拝客も多めです

こちらの神社は言霊の神様の后神・己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)をお祀りしていて、日差しの強い5月とは思えない夏日ですが、参拝客が多くいました。一宮なのでかなり敷地が広い神社かと思ったのですが、散策できる場所はそんなに広すぎず程良い広さです。また境内に入ると清々しい風が吹いていてとても心地よいです。神社の清らかな空気間は凄くリフレッシュ出来ます。今まで色々な神社に参拝してきましたが、こちらの境内の空気は5本の指に入る程凄く気持ち良かったです。多分日頃都会の雑踏と仕事で身体の中に色々と溜まっているんでしょうね(苦笑)

事任八幡宮 (2).JPG
社務所で御朱印と「白い紙」を貰うことが出来ます

社務所で御朱印を貰うことが出来ます。最初に御朱印帳を預けてから参拝すると良いでしょう。そしてこの社務所には後程本宮で使用する白い紙を頂くことが出来ます。本宮に行く人は忘れずにいただきましょう。

事任八幡宮 (4).JPG
拝殿。後ろに本殿があります。

ドライブの安全と日々の感謝をお伝えします。かなり年代を感じる拝殿です。境内には本殿以外にも稲荷神社や金毘羅様がお祭りされている社があります。こちらも山肌に作られているので、基本的に階段で昇ったり下りたりになります。本宮に参拝する人以外でも、スニーカーもしくは歩きやすい靴の方が良いですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少し遅めのバラシーズン到来(開花調整しました!) [ガーデニング]

ザ・シェパーデスが開花です

ベランダのイングリッシュローズのザ・シェパーデスが今年も咲き始めました。シャロ―カップ咲きで薄いサーモンピンクが特徴の可愛らしいバラです。通常5月の上旬に開花するのですが、今年は長いゴールデンウィーク中は実家に戻る予定だったので、このままでは花の時期を見逃してしまうと開花時期を調整すべく、4月中旬に成長が良い枝をかなりの数切り戻しをして株の充実を図りつつ開花調整をしました。

ザ・シャファーデス (1).JPG
可愛らしいお気に入りのバラ

この可愛らしいバラは香りもよく、レモンやシトラス等のサッパリとした中にほんのりと甘いバラの香りがします。病気にも強くて育てやすいのですが、毎年開始書いているように「一日花」なのが本当に残念です。咲いたその日か翌日は散ってしまうのです(涙)。長く美しい姿を保ってくれる花もちの良いバラと違って鑑賞できる時間が短いのは悲しい限りです。その代り花付も良い方で、まだまだ蕾が沢山ついているのでしばらくは楽しめそうです。

ザ・シャファーデス (2).JPG
中輪房咲きのバラです!四季咲きなので、一応繰り返し咲いてくれます。

4月の中旬に切り戻しをしたので、枝数も今年は増えたので花の数も例年よりも多いのです。株のバランスも良いのでこれまでの所上手く調整が出来たと思いますが、沢山の花を付ける為株の消耗が激しいと思うので、花後にしっかりと施肥しないといけませんね。

ザ・シェパーデスの他にもローズ・デ・キャトルヴァンの蕾が上がってきているので、近日中に綺麗な花を咲かせてくれそうです。開花中写真を撮ることが出来たらこのblogでご紹介したいと思います!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

資生堂アートハウスで芸術とお化粧品の歴史をお勉強 [つれづれ日記]

掛川の隠れた名所「資生堂アートハウス」

静岡県の掛川には化粧品でお馴染みの資生堂の工場があります。その工場に隣接する形で、企業としての資生堂の歴史を公開している資料館と資生堂が所有している芸術品を展示する「資生堂アートハウス」があります。どちらも社会貢献事業として運営されているようで無料で一般公開されています。

資生堂アートハウス (3).JPG
敷地の中にも芸術作品が展示されています

掛川の駅から車で5分位の場所にあり、目の前には東海道新幹線が走っています。資料館近くの駐車場に車を止めて、管理が行き届いた芝生を見ながらアートハウスに向かって歩いていきます。

資生堂アートハウス (2).JPG
資生堂アートハウス

モダンな作りのアートハウス自体も高く評価されていて、建築学会の賞を受賞しており建物自体も芸術の一つです。真夏の様な強い日差しを受けて輝く建物は直線と曲線のコンビネーションで美術館らしい建物です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感