So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
おいしいもの ブログトップ
前の10件 | -

夏のカクテルと言えばモヒートでしょ! [おいしいもの]

自宅で簡単にモヒートが飲めます♪

異例の早い梅雨明けから1か月が経ち、そろそろ体も夏モードになって来た頃でしょうか。この1か月かなり忙しかったこともあり、夏のお酒を楽しみたいなと思っていた所にスーパーのお酒のコーナーでバカルディの「モヒート」を見つけたのでつい買ってしまいました。実はモヒートは私が大好きな夏のお酒なんです!

夏酒n.JPG
ジンのタンカレーは、薬草(ハーブ)の香りが好きな一番のお気に入り

作り方は簡単で、モヒートと炭酸水を1:1で割れば完成です。当然ですが、そのままではつまらない味なので、私は料理用のライムの液体をかなり加えています。ライムが入るとミントの味が引き立ち、甘みが抑えられて大分モヒートらしくなります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お手軽レモネードとレモンスカッシュレシピ [おいしいもの]

レモネードとレモンスカッシュを簡単に作ります

実家から半強制的に持たされたポッカレモン450㎖の瓶。普段の料理ではポッカレモンは味のアクセント付けに少し使うので、一番小さなサイズを購入しているのですが、さすがに450㎖の消費は一人暮らしに厳しい。夏も近づいてきたということで、疲労回復のクエン酸と美肌に欠かせないビタミンCを大量に含んだポッカレモンを捨てるのは勿体ない!ということで、イギリスでホームスティしていた時におばあちゃんに教えてもらった「レモネード」と「レモンスカッシュ」を作って賞味期限内に消費することを目指します。結構同じ思いをしているご家庭もあるかと思うので、もし参考になれば嬉しいです。ではまずは「レモネード」から。

イギリス流ホームメイドレモネード
<材料>
・ポッカレモン 大さじ2(約30㎖)
・はちみつ   大さじ1(約15㎖)>味のポイント
・砂糖     5~10g>好みで加減してください
・お水     約150ml

<作り方>
お水を除いた材料を全部コップに入れる。その後、お水を注いで混ぜれば完了です。ここのポイントはキンキンに冷えたポッカレモン(通常開封後は冷蔵庫で保管しているはず)に砂糖とはちみつが溶けにくいということ。そこで私はお水を2段階に分けて投入します。まずは約40度程度のお湯を少し注いで砂糖とはちみつが全部溶けるのを確認した後に残りのよく冷えたお水を入れて味の調整をします。味が濃いなと感じた場合はお水を増やしてみてください。ホットで飲んでも美味しいですよ(風邪予防になるので冬におススメ)。

誰でも出来ちゃう簡単レモンスカッシュ
<材料>
・ポッカレモン 大さじ2(約30㎖)
・はちみつ   大さじ1(約15㎖)
・砂糖     5~10g
・炭酸水    150㎖

<作り方>
材料を見ると分かる様に、レモネードとの違いはお水か炭酸水かです。もしソーダ水で作る場合はソーダ水に甘みが付いているので、砂糖は無しで作ってみましょう。こちらの難点も砂糖とはちみつが溶けにくいことなので、ソーダ水を使った方が最初は無難かもしれません。

小さなお子さんがいるお家ではこれからの夏のシーズンに大活躍間違いなしですし、これから来る夏に向けて夏バテ予防と疲れを翌日に持ち越さない為に、夜に一杯飲んでみると結構翌朝に違いを感じるのでおススメです。しかしながら甘い物が苦手な方にはかなり厳しい飲み物であるのも事実。私もポッカレモンが余ってなかったら多分作らなかったと思います(苦笑)もし、お家の冷蔵庫の中に賞味期限ギリギリのポッカレモンがあって困っている方がいらっしゃったら是非一度試してみて下さい。レモネードもレモンスカッシュも私の中では夏の飲み物。そろそろ本格的な夏が来ますね!

ポッカサッポロ 業務用ポッカレモン 100% 720ml

ポッカサッポロ 業務用ポッカレモン 100% 720ml

  • 出版社/メーカー: ポッカサッポロ フード&ビバレッジ
  • メディア: 食品&飲料
サクラ印 純粋ハチミツ 1000g

サクラ印 純粋ハチミツ 1000g

  • 出版社/メーカー: 加藤美蜂園本舗
  • メディア: 食品&飲料

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

寒い時期に美味しさ倍増、山梨の”餺飥(ほうとう)” [おいしいもの]

山梨のソウルフード”ほうとう”を食す!

先日山梨県までドライブに行って来ました。その時のランチに立ち寄ったのが、山梨出身の同僚に教えて頂いた山梨県民のソウルフード「餺飥(ほうとう)」の名店「ほうとう小作」さんです。山梨県民にとってほうとうは郷土料理として冬場だけでなく、夏でも食べる定番中の定番の味だそうです。特に今の様な冬の寒さが残っている時期に食べるとみそ仕立てのスープととろみのある麺で体が芯から温まって本当に良いよ~とおススメされ行って来ました。

ほうとう小作 (1).JPG
河口湖店です。立派な作りにビックリ!

山梨県というと、夏に「富士サファリパーク」や「富士急ハイランド」に子供の頃行った程度だったので、人生初の本場のほうとうに興味津々です。初回は当然スタンダードな野菜のほうとうを注文しました。広いお店の入り口近くの囲炉裏席に通され、店内を観察しているとあっという間に出てきました。

ほうとう小作 (2).JPG
熱々すぎてやけど注意です

熱々のお鍋で登場し、一緒に提供されるお椀に取り分けて冷ましながら食べます。写真では分からないと思いますが、この鍋の底にはジャガイモや里芋、カボチャが入っていてメニュー通りに野菜たっぷりです。その分麺が加減されいるものの、お腹に溜まる芋系が具材として大量に入っているのでお腹いっぱいになります(口の中やけど注意)。一部の人は小麦の粉っぽさが苦手という人もいると聞きましたが、私は全く感じることなく「人生初ほうとう」を美味しくいただきました。

太く平たい麺はコシもあって、とろみのあるスープがよく絡んで味噌仕立てのスープが見た目よりあっさりでイケます。素朴な味なので結構な量があっても食べることが出来ますし、何より汗をかくくらい体が温まりました。昔からの味という表現がぴったりの一品で、また食べたくなるお味です。ただし夏に食べるのはほうとう初心者の私には厳しいので、また寒い時期に食べに行きたいですね。お店も名店ということで、他県ナンバーの車がずらりとならんでいましたし、駐車場も誘導員がしっかりいるので安心です。山梨県に行く機会がありましたら「小作」さんのほうとう、是非寄ってみてください。おすすめです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

修善寺駅の名物駅弁「武士のあじ寿司」 [おいしいもの]

微妙な酢の加減で最高に美味しい押し寿司

この週末は急遽思い立って修禅寺温泉に行って来ました。昨年の夏の終わりにドライブ旅行で立ち寄った修禅寺。軟らかく体に負担がかからないのに体の芯から温まる温泉がとても良かったことと、一度踊り子号に乗ってみたいという鉄分高めの理由から即決しました。最近の大寒波による寒さの影響で体の節々も痛むので、体をゆっくり休めることに決め贅沢な時間を過ごしてきました。

前回は修禅寺温泉駅を使うことなく名物の押し寿司を食べる機会がなかったのですが、今回はお昼過ぎの踊り子号で帰えるので、ちょうど店頭に駅弁が充実していてお目当ての駅弁「武士のあじ寿司」を無事ゲットすることが出来ました!

武士のあじ寿司 (2).JPG
デパ地下などの駅弁大会でも時々見かける有名な駅弁です。

修禅寺駅で買って帰りの電車の中で食べる予定が、朝ごはんが遅かったためお腹が空かず帰宅後少し早めの夕飯にスライドしました(汗)

武士のあじ寿司 (1).JPG
たっぷり鯵とご飯が詰まっています!レモンも厚切り!

可能な限り伊豆産の物で揃えた具材はどれも新鮮で、ギッシリ詰まった鯵の下には桜葉も敷かれています。押し寿司に多い、やたら酢の味が濃くてむせるようなお寿司とは一線を画し、軽くお酢でしていている程度なので酢の物が苦手な人でも十分食べることが出来ると思います。お寿司に添えられたレモンに生姜、生ワサビとそれぞれで味を変えて食べて行くので全く飽きることなく完食です。特にワサビは絶品で修善寺がワサビの産地としても有名ということで、まろやかな辛さが癖になるお味。このワサビの美味しさを知ってしまうとチューブのワサビの味にガッカリします。

温泉に浸かって本を読みながら電車に揺られて美味しいものを食べる。最高の週末一人旅でした。修善寺は横浜に住む私にとっては簡単に行くことが出来る温泉地なので、また行きたいと思います。次回は「修禅寺奥之院」訪問とまたこの駅弁を買いたいと思います。でも、奥之院は車がないと厳しいかな?

るるぶ伊豆’19 (るるぶ情報版 中部 11)

るるぶ伊豆’19 (るるぶ情報版 中部 11)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2018/01/09
  • メディア: ムック

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六本木のミシュラン2つ星レストラン「Ryuzu(リューズ)」 [おいしいもの]

久しぶりに家族で食事してきました!

少し前の話ですが、久しぶりに家族で食事をしようという話になり、六本木にある「レストラン・リューズ」でフルコースの食事をしてきました。Ryuzeはミシュランの2つ星を獲得しているレストランでなかなか予約が取れないのですが、今回はタイミングが合って幸運にも予約をとることが出来たんです!

久しぶりに素敵なレストランでフルコースということで、ドキドキです。

Ryuzu_六本木 (1).JPG

今回は5ディッシュのフルコース。全部は紹介しませんが、メインを幾つかご紹介したいと思います。

Ryuzu_六本木 (2).JPG

フォアグラのイチジクソース。油が強いフォアグラはあまり得意ではないのですが、ルッコラと酸味のあるイチジクのソースで脂っぽさが相殺され、生まれて初めてフォアグラを美味しいと思いました。運命を変える一皿でした!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コーヒーも紅茶もフレンチプレスでワンランク上の味に [おいしいもの]

大活躍!フレンチプレスで楽しむコーヒー&紅茶

1人暮らしにとって欲しいけどなかなか買うのをためらうキッチンアイテムの一つにコーヒーメーカーがあります。毎日使うわけではないけど週末家でくつろぐ時間にインスタントコーヒーじゃなくて美味しいコーヒーが飲みたいな、でも置く場所ないし・・・と諦めている人が結構多いのではないでしょうか?私もそんな一人で、週末は美味しいコーヒーが飲みたいですし、紅茶だってティーバッグではなく茶葉をしっかりと蒸して飲みたいと思っていました。

そんな諦めモードが入っていた時に実家から使っていなかったフレンチプレスを持ち込みコーヒーや紅茶を飲むようになり、ちょっと手間ですが、フレンチプレスで入れるコーヒーの味の良さに今ではすっかりはまっています。今回の引っ越しで残念ながらガラスの部分が割れてしまったので、新しくBODUM(ボダム)のフレンチプレスを購入しました!

フレンチプレス (2).JPG
ボダムのKENYAシリーズの一番小さなタイプです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

転勤祝いに素敵なワインをプレゼントされました [おいしいもの]

嬉しい!日本を代表するワインです!

今月末でお別れする職場のメンバーから選別のワインを頂きました。なんと甲州ブランドでお馴染みの「中央葡萄酒」さんのグレイスロゼです。

グレイスロゼ.JPG

引っ越しがちょうど梅雨のど真ん中ということで、赤ワインよりもサッパリし飲みやすいロゼを選んでくれたそうです。なので新居に移って少し落ち着いた頃に引っ越し祝いとして飲もうと思います。勿論キンキンに冷やしてね!こんな風に転勤の送別の品をもらえるとは思っていないかったのでちょっと感激しました。頂いた方には引っ越し後でワインを開けた写メを感謝の気持ちで送るつもりです。さ、このワインをご褒美に引っ越し作業にいそしみますか!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美味しい!!長崎土産の「須崎屋」さんの五三焼きかすてら [おいしいもの]

カステラは文明堂と福砂屋だけじゃない!!

ゴールデンウィーク中の帰省のお土産に長崎の「須崎屋」さんの五三焼きかすてらを頂きました。カステラと言えば、文明堂や福砂屋さんが有名ですが、この須崎屋さんのカステラは他の有名どころのカステラより明らかに卵の味が強く濃厚です。しかもしっとり感も強いです。とにかく凄く美味しく、このクオリティーのカステラが空港でお土産に買うことが出来ると聞いて、私は長崎のカステラのレベルの高さにビックリしました。

須崎屋カステラ.JPG

とても美味しいので少し調べてみたところ、商品名にもなっている「五三」が示す通り、通常卵黄:卵白が5:5のところを5:3にし、卵黄の量を増やしているそうです。それで濃厚な味と少し黄色の色味が強いわけですね。卵黄が多い分焼くのに細心の注意が必要だそうで、カステラ職人の腕の見せ所だそうです。しかもお店では1日限定10本限定でフルサイズのカステラが販売されているそうです。これはかなり気になる。

どうやら銀座文明堂や福砂屋でも五三焼きは取り扱いがあるみたい。この味を知ってしまうともう普通のカステラには戻れないので、今度銀座に行った時に文明堂を覗いてみたいと思います。

今まで長崎は行ったことがなく、私の是非行ってみたい場所ランキング上位に入っています。お店は南島原市にあるみたいなのでメモっておこうと思います。いつかお店で買いたいですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬休み初日は豪華慰労女子ランチ会です [おいしいもの]

ホテルのランチで1年間の慰労会

冬休みが始まりました!今日は会社でとても仲良くして下さっている先輩2名と一緒に3人で日本橋にあるマンダリンオリエンタルホテルで女子会(もう女子という年齢でもないけれど:汗)をしてきました。実はおひとりが年末を以って退職され、もう一人は私と同じく転勤で別の事業所勤務になるので、3人で一緒に働くことも出来なくなってしまいます(涙)。そこで諸々を兼ねた「憂さ晴らし会」ということで豪華にランチを食べつつ、パーッと盛り上がることにしました。

選んだレストランはオールディダイニングのイタリア料理「ケシキ」です。ここなら気兼ねなく話しをすることが出来ますし、レストランの名前になっている様に景色もサービスも最高です。シャンパンで乾杯をし、コース料理を頂き、これまでの出来事に思いを馳せながら話に花が咲き満喫しました。先輩方はマンダリンオリエンタルホテルに来たのが初めてということで、上空から眺めることが出来る見逃せない絶景ポイントをご紹介しました。それはコチラ!

日本銀行.JPG
これぞ「円」マーク!!

日銀こと日本銀行の建物です!!マンダリンオリエンタルホテルは日本銀行の横にあるので、レストランの席から階下を見下ろすと完璧な「円」の形をした建物が見えるんですね。日銀の建物が漢字の「円」の形をしていることは有名ですが、実際に自分の目で見たことがある人ってそんなに多くないみたいで、初めて見る人は感動します。この写真、じーっと見ていると何だか金運がアップしそうな気がしてきませんか?(笑)勿論この日銀の建物の他にもレインボーブリッジや新宿の高層ビル群等関東平野を一望できます。晴天に恵まれて本当に良かったです。

お料理とサービスが最高でした。やはりホテルのレストランは外れがない抜群の安定感が良いですね。帰りがけには1階にある千疋屋総本店とマンダリンオリエンタルホテルのケーキショップでお土産を買い、コレド室町や日本橋三越でお買い物をして解散となりました。会社とは全く違った雰囲気で会話が盛り上がり最高の休日になりました。日本橋は年末年始の買い出し客で大盛況です。門松が飾られどこもかしこもお正月モード全開です。いよいよ年の瀬ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

赤ワインのペリエ割りがおすすめ [おいしいもの]

お疲れモードには肝臓に優しく

最近ちょっとした出来事があり、メチャクチャ忙しい日々を送っております。この週末もその為終日出ずっぱりで全くblogを書く時間が持てませんでした(汗)。この超忙しい理由は来年位に発表出来ると思いますが、サラリーマンの悲哀に満ちた物語なので楽しみにしていてください(笑)

そんな連日グッタリ状態で帰宅するとお酒が欲しいが翌日二日酔いなんて絶対NGという状態で危険を冒して飲みに走るわけにはいきません。そこで最近はまっているのが

赤ワインのペリエ割り(1:1)位が私は好き

アルコール分を体内で分解するために必要な水分とアルコールを一緒に摂取するという荒業ですが、これがなかなか行けるんです。先週解禁になったボジョレー・ヌーヴォーの様な軽~いタッチに炭酸という飲みやすさが特徴です。あまりペリエを入れ過ぎるとちょっとアルコールの入ったぶどうジュースになってしまうので入れ過ぎ注意です。お風呂上りにグビッと引っ掛けてそのまま寝る。そんな日々が最近続いております・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - おいしいもの ブログトップ