So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

沢山の資料にアイヌ民族の歴史を学べます [ちょっと函館まで友人訪問_2018]

おススメ!素晴らしい資料館です

今回の旅行で一番楽しみにしていた場所に行きたいと思います。それは北方民族資料館です!函館にあるこちらの資料館は日本で一番北方民族に関する資料が集まった資料館で、北海道の原住民族とされるアイヌの人々をはじめとする、北方領土やロシア、オホーツク海沿岸、アラスカ半島に住む北方民族に関して知ることが出来ます。

函館北方民族資料館 (11).JPG
控えめな資料館の看板

市電の駅の目の前にある資料館には展示品の写真が掲載していて、入る前から期待感が上がります。こちらでは主に「馬場コレクション」と呼ばれる北方民族研究科の権威である馬場先生のコレクション(国の重要有形民俗文化財指定)と「児玉コレクション」と呼ばれる北海道大学の児玉教授のコレクションがメインで展示されています。

函館北方民族資料館 (1).JPG
アイヌ民族以外の北方民族の資料も充実してます!

資料館は旧日本銀行函館支店の建物を転用したもので、展示されている資料も価値もありますが、建物自体もかつての函館の華やかな時代を感じさせるもので必見です。入口で入館料300円を払って入ると一番最初にアイヌ民族の伝説的な存在コロポックルの大きなレプリカが迎えてくれます。

函館北方民族資料館 (2).JPG
コロポックルはアイヌ語で「蕗の下の人」という意味

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行