So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

異国の文化が色濃く残る街「元町」 [ちょっと函館まで友人訪問_2018]

外国人居留地の名残が香美しい坂の街

函館は1854年に締結された日米和親条約によって下田と一緒に開港が決まった港です。即開港となった下田から遅れること1年函館は開港されます。昨年伊豆半島を一周するドライブ旅行で下田に行ってきましたが、下田はあまり西洋の香りがしない南国の雰囲気に満ちた港でしたが、函館の元町地区は外国人居留区だったこともあり、多くの西洋風の建物が立ち並ぶ異国の様な街並みが特徴です。

函館元町街並み (2).JPG
港まで一直線の基坂

函館元町街並み (1).JPG
基坂に面して建つ函館市旧イギリス領事館

イギリス領事館の中にはティールーム(カフェ)とイギリス雑貨を扱うショップが入っています。中の見学には入場料300円が発生しますが、ティールームとショップ、バラの植栽が素晴らしいお庭は無料で一般に公開されています。函館の雰囲気の良い中に建っているということでこちらではウェディングも出来るそうです。

函館元町街並み (3).JPG
基坂の上にある旧函館区公会堂

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行