So-net無料ブログ作成

横浜ローズウィーク2019に行って来ました!その3・バラ様達 [ガーデニング]

バラ園で気になった美しいバラをご紹介!

山下公園から港の見える丘公園に行き、最後にアメリカ山を通って横浜ローズウィークを堪能してきました。色々なバラを沢山みることが出来たので、これからは3つの会場で見ることが出来た人気の品種や個人的に素敵だなと思った品種を完全に個人の趣味でご紹介したいと思います。

バラ2019_ローズウィーク (1).JPG
山下公園のオベリスクに使用されているバラ。ピンクが綺麗!

緑の濃い照り葉を見るとかなりの強健品種であることが分かりますね。可愛らしい花姿をと花付きの良さが写真からも分かりますね。初めてバラを育てる人には最高の品種ですね。

バラ2019_ローズウィーク (2).JPG
クレマチスとの共演

可愛らしい薄ピンクの花とクレマチスの共演です。山下公園のフェンスに誘引されていました。私はクレマチスはノータッチなんですが、バラ好きな人の中にはクレマチスを一緒に育てている人も多いので、こういう光景も人気があるのだと思います。

バラ2019_ローズウィーク (3).JPG
綺麗な一重の白薔薇。蕾の数から花付き抜群だと分かります

白い一重のバラは控えめな雰囲気で他の植物を引き立てる効果抜群です。また、ホワイトガーデンとしてオルレア等の多年草や一年草などと組み合わせて真っ白なガーデンを作っても綺麗だと思います。

バラ2019_ローズウィーク (4).JPG
綺麗な真紅のバラ

ルージュ・ピエール様の様なバラですが、大きさが一回り小さい花ですね。葉の形が明らかに違うので別の品種ですね。赤バラ好きとしてはなんの品種か気になるところです。こちらも奥にクレマチスとの共演が綺麗でした。バラとクレマチスの相性は抜群ですね。

バラ2019_ローズウィーク (5).JPG
カップ&ソーサ―タイプの可愛らしいバラですオレンジ色が少し入った白の花弁

バラ2019_ローズウィーク (6).JPG
ラベンダーと小ぶりのバラの植栽

これぞイングリッシュガーデンの光景ですね。港の見える丘公園はイングリッシュガーデンがあり、そちらでこのようなラベンダーや宿根草と一緒に植えている花壇を見ることが出来ます。色々な植物を一緒に植栽するスタイルのガーデンがお好きな方は港の見える丘公園の方が参考になると思います。

バラ2019_ローズウィーク (9).JPG
紫のバラ・ノヴァーリス

バラ2019_ローズウィーク (10).JPG
黒バラの代表品種・黒真珠

バラ2019_ローズウィーク (11).JPG
黄色グラハム・トーマス

フラゴナール.JPG
フラナゴール

今回見つけた品種の中で次に是非育ててみたいな~と思ったのが、フランスのデルバールから出ている「フラナゴール」です。濃いピンクで大輪のロゼット咲きで凄く香りが素晴らしいのです。これまでのバラにはないので是非欲しい!と思いました。基本的に派手な花好きという私の好みが思いっきり出ていますね(笑)。このフラナゴール以外にも、これまで興味があったものの実物を見たことが無い品種もいくつか実物を確認することが出来て良かったです。「クロードモネ」の花弁に入る絞りの具合も見ることが出来ました。

今は社宅暮らしの為、バラの鉢3つが育てることが出来る限界ですがいつか実家に戻った際には現在誰もメンテしてくれない庭をきちんと整備して、綺麗なバラを含めて沢山の植物を育てたいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。