So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

初参拝!2019年の初詣は寒川神社です [つれづれ日記]

さすが、相模国一之宮!綺麗な神社に感動@寒川神社

約1か月ぶりのblogの更新です。昨年末の多忙が何故か今日まで長引いており、平日は全力で仕事をして週末はプライベートでの用事をこなしているうちにこんなにblogの更新が空いてしまいました(汗)。怒涛の業務の山は先週何とか越えたと思うので(信じたい!)今後は少しずつ更新頻度を上げたいと思います。

さて、突然ですがちょうど今初詣から帰ってきました!仕事の山を無事越えたことと天気も良く、特段の用事も無しということで急遽初詣に行くことにしました。初詣は普通お正月の松の内に行くものだと思いますが、我が家は何故か初詣は春分が過ぎてからというルールがあり、理由はよく分からないものの私もそれにならっています。そんな初詣の行き先は以前から行ってみたかった「寒川神社」です!

寒川神社 (1).jpg
人が写り込まない一瞬を狙って激写

神奈川県民にとって「寒川神社」と言えば誰もが一度は行ったことがあると思われる相模国一之宮です。今日は空いてるかなと思って参拝してみると、厄除けの昇殿御祈祷を受ける人の行列が凄い。一回の御祈祷で100人はさばいていると思いますが、それでも待ち時間は1時間超えです。寒川神社は八方除けの神様で、厄除けのご加護が授かれるということで人気があるとは聞いていましたが、まさかここまでとは。。。八方除けは、厄除け、交通安全の定番から、仕事で頭打ちの時や人生が上手くいかない時期などに参拝すると現状が良くなるご加護があるそうです。横浜一体を管轄している神社だけあり、参拝客の数を完全に見誤りました。そんなことで人が写り込んでいない写真がほぼなく、綺麗なご神域内の写真はこれ一枚だけです。。。次回リベンジですね。

寒川神社に参拝したら買うのが「八福餅」です。私も参道の出店で一つ購入してきましたよ!そして今はそれを食べつつ、お茶を飲みながらこのblogを書いています。

寒川神社 (2).JPG
定番のお土産です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また来年も来るよ~!白浜温泉旅行終了 [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

お買い物と景勝地を観光して終了!

熊野本宮大社からの帰りに白浜が誇る景勝地を経由し、お土産を買うために色々なお店に寄りました。熊野本宮大社から戻る頃にはすっかり夕方になっていて、海岸沿いにある景勝地を巡る頃は夕陽が美しい素晴らしい景色を堪能することが出来ました。どれも感動的な美しさだったのですが、風がとても強い日で長居することが出来なかったのが残念です。そして更に残念なのは夕陽の写真=全部逆光!!ということで、ここで掲載する写真は見事に真っ黒です(苦笑)

南紀白浜_景勝地 (1).JPG夕陽と円月島

写真を撮影した時間からもう少し経つと円月島に夕陽が沈む光景を見ることが出来ます。日本の夕陽100選にも選ばれた美しい夕陽で、駐車場は凄い観光バスの数が並ぶ人気のスポットです。

南紀白浜_景勝地 (3).JPG千畳敷

次に寄ったのが、千畳敷です。こちらも名勝として名高く、母上様曰く「かつて白浜温泉が新婚旅行ブームで沸いた時は、全員が見に来る程」の人気があった場所で、今でもその人気は続いているようです。先にご紹介した円月島からも自動車で約10分とアクセスも便利なので、定番のドライブコースだそうです。

南紀白浜_景勝地 (2).JPGザ・自然

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

実は優秀な加湿器にもなるケトル [つれづれ日記]

ケトルで部屋を一気に加湿出来ちゃいます!

最近の乾燥は凄いですね。関東平野では最後に雨が降ったのが去年のクリスマス前ということなので、約20日も雨が降っていません。連日の乾燥注意報発報にインフルエンザの流行が始まる等、美容と健康面で良い事は何もありません。ここ数日の都内の乾燥は雪国にお住いの方には想像がつかないレベルに突入している気がします。我が家もクリアフォースを加湿モードにして動かしているものの、湿度は常時30%台と乾燥に負けてその効果を実感できない悲惨な状況です。

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170 そんな深刻な健康問題を引き起こしかねない乾燥ですが、実はケトルを上手く使うと瞬間的に部屋を加湿することが出来ることに気が付きました。先日偶然我が家のケトルの蓋を半分空いた状態でスイッチをONにしたところ、通常沸騰したらすぐにスイッチが落ちるケトルが、そのまま沸騰を続けて中のお湯が水蒸気となって室内に充満し、カラッカラだった部屋の湿度が上昇。湿度計でも70%越えという数字を叩き出したのです!

ただ残念なのは瞬間的に加湿されても持続性がないということで、ケトルの中の水が気化した後はエアコンの乾燥パワーに負けてあっという間にカラカラ空気に戻ってしまいます。寝る前等エアコンをもう使わないという状態で一気に加湿する等、少し工夫が必要です。私は朝起きた時、お風呂に入る前、就寝前に一気に加湿し部屋の湿度を上げるようにしています。特に就寝前の効果が大きく、夜中に乾燥からくる咳で目覚めることがなくなりました。また帰宅後私はすぐにお風呂に入るので、入浴前にいったん部屋の湿度を上げておくとお風呂上りにもある程度湿度が保たれているので、お風呂上りに乾燥でお肌がガビガビになるのを防ぐことも出来ます。

受験生がいるお家にもケトルで瞬間加湿がおすすめです。通常風邪ウイルスやインフルエンザウイルスは湿度50%以上になると感染力が下がると言われているので、この普段の加湿器が効果を発揮しない危険なレベルの乾燥時の加湿器のサポート家電としてケトルでお湯を沸かすと簡単に湿度調整が出来ます。数時間に1度使うと乾燥と風邪予防の効果が期待できます。今現在お家にケトルが無い場合でも、新生活で一人暮らしを始める時に必ず買う家電なので、先に買っても無駄な投資にならないのもケトルの良い所です。

瞬間加湿器として効果抜群の威力を発揮するケトルですが、ケトルの空焚きは大変危険なので絶対にやめましょう。残量を確認しながら、タンクの中の水分がなくなる前に必ず電源を落としましょう。ケトル加湿器を使用する際には安全面に十分気を付けていただき、自己責任でお願いいたします。

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170

  • 出版社/メーカー: T-fal(ティファール)
  • メディア: ホーム&キッチン

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

白浜の町の中にある熊野三所神社 [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

白良浜のすぐ横にある熊野三所神社

これまでご紹介してきた熊野本宮大社は全国にある熊野神社の総本山で、全国各地に熊野神社があり、中でも「熊野三山」として「熊野本宮大社」と一緒に数えられる神社が「熊野速玉大社」と「熊野那智大社」です。那智大社には那智の滝がある神社として知名度も高くご存じの方も多いと思います。今回の旅行では私達が宿泊している白浜温泉から見ると紀伊半島の反対側にある2社には参拝することが出来ませんでしたが、白良浜のすぐ横にある「熊野三所神社」に参拝してきました。

熊野三所神社 (9).JPG
白良浜からそのまま行けます

町中にある神社の割にはかなり広い敷地があり、斉明天皇の御幸の記念碑などがあり神社の歴史を感じることができます。こんもりとした森の中にあり、すぐそこが海だったことを忘れてしまう程緑豊かな空間が広がっています。

熊野三所神社 (11).JPG
御本殿

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

冬休み終了・・・ [つれづれ日記]

お休み終わり、明日は仕事初めです。

いよいよお正月休みも今日で終了。明日から仕事だと思うともったいなくて寝れない。このまま休みが続けばいいのに・・・(涙)メーラーを立ち上げるのが今から怖いです。。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本宮だけじゃない見所沢山熊野本宮大社 [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

充実した資料館とお土産も買えます!

熊野本宮大社の観光には約2時間くらいは時間をとることをお勧めします。というのも、神社以外にも資料館やお土産屋さん等が充実しており、世界遺産に認定された「熊野古道」の歴史等が紹介されている資料館も是非ゆっくりと見学する価値があると思うからです。本宮の鳥居の前には新しく出来た世界遺産センターがあり、その前には立派なバス停があり、多くの観光客がバスを待っています。

熊野本宮大社周辺施設 (5).JPG
国際色豊かなバスの待合所

そんなバス停の後ろにあるのが「世界遺産センター」で、入場料は無料と太っ腹な施設があります!

熊野本宮大社周辺施設 (6).JPG
南館と北館の二つがあります

サッカーファンが行かなければいけないのは、こちらの北館です。日本のサッカーに関わるグッズが多く展示されていて、ケースの中には歴代のサッカー日本代表の監督のサインボールも展示されています。ジーコ監督や、トルシエ監督、そして2018年に開催されたW杯で指揮を執った西野監督のサインボールもあります。

熊野本宮大社周辺施設 (9).JPG
八咫烏は日本サッカー協会のシンボルです

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

世界遺産・熊野大社に参拝します(その2) [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

逆光対策で午前中に参拝することを強くお薦めします!

熊野本宮大社に参拝した後に旧社地大斎原と産田社に向かいます。大斎原は明治22年に大洪水で社殿が流されるという惨事に見舞われるまで本宮があった場所です。2050年もの大社の歴史の中で先ほど参拝した本宮の場所に移ってからまだ100年強なので、本宮が長くあったオリジナルの場所にも当然参拝したいと思います。

熊野本宮大社 (1).JPG
分かりやすい看板があります

大斎原には現在も大鳥居があります。日本で一番大きな鳥居なので必見です。

熊野本宮大社 (2).JPG
道標もバッチリです

熊野本宮大社 (3).JPG
民家の間を進んで行くと広い田んぼに出ます

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

世界遺産・熊野大社に参拝します(その1) [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

念願の熊野大社に参詣

ホテルの朝湯を楽しんで美味しい朝食バイキングを頂いた後、今回の旅の最大の目的である熊野本宮大社に参拝します。今回はレンタカーで山道をひたすら進んで行きます。白浜温泉から熊野本宮大社までは車で約1時間半のドライブです。事前にホテルのコンシュルジュさんに道が狭いか、走行に気を付けるべきポイントがあるかを確認したところ、世界遺産に申請する際に道を全部整備し、綺麗になっているの安心して走れると心強い言葉を頂きました!今回レンタカーを借りる時に一番気にしたのが山道を進む際の道幅でした。Cクラスもそれなりに幅の広い車なのですれ違い時に対向車に御迷惑をおかけすることを心配していたのですが、結果往復してみてその心配は全く問題ありませんでした。良かった良かった。

では早速白浜温泉から熊野大社に向かいたいと思います。途中にあるほぼ唯一の道の駅「熊野古道中辺路で休憩です。世界遺産に認定された効果か、外国からの旅行者も多く私達が行った時は日本人客は私達親子二人で、あとの4名は欧米からのトレッキング客でした。

熊野大社 (1).JPG
本当に小さな道の駅なので、見逃し注意

熊野大社 (2).JPG
この小さなお店が一つの道の駅です

熊野大社 (3).JPG
中辺路のアイドル「牛馬童子像」のレプリカがあります

中辺路は熊野古道の中でも一番多くの人が行き来した道で、時の天皇や上皇、貴族が熊野詣で辿った道です。その中辺路の箸折峠近くにある像で、一説では花山法王の旅姿を模したものと言われています。ちなみに箸折峠の名前が花山法王が熊野参詣した際にこの場所で休憩し、食事をするためにカヤを折ってお箸にしたことから名づけられたと言われています。小さな店舗ですが地元の特産品が所狭しとあり、ここで買った柚子最中は本当に美味しかったです!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年がいよいよスタートです! [つれづれ日記]

明けましておめでとうございます!

2019年が穏やかな冬晴れで始まりました。昨晩すっかり夜更かしをしてしまい、今朝起きた時は朝というよりもお昼に近い時間でしたが、久々にゆっくりと休みを楽しんでいます。ブランチ替わりにお屠蘇を飲んでお節料理とお雑煮を頂く、安心安定のお正月です。正月太りがかなり心配ですが、年に一度のお正月位は自堕落な生活をしても許されるでしょう(笑)

昨年は天災が多い一年でしたが、今年は平成が4か月で終わりを告げ新しい時代が始まる節目の年になります。皆さまにとってこの一年が素晴らしい年になることをお祈り申し上げます。一緒に頑張ってこの年が良い年になるよう頑張りましょう!

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

外湯「白良湯」を堪能&白浜の町散策 [毎年恒例白浜温泉旅_2018]

白良浜にある外湯「白良の湯」を堪能します

2018年大晦日のエントリーにも関わらず旅行記を強行します!白浜温泉と言えば、その名の通り美しい白い海岸線が有名な景勝地「白良浜」です。夏場は観光客でごった返す白良浜も季節を外すとその美しい姿をゆっくりと見ることが出来ます。ホテルの部屋から眺める白良浜も素敵ですが、やはり海風を体いっぱいに感じながら散歩します。

白浜 (3).JPG
奥に見える背の高い建物がマリオットホテル

ホテルから浜の端っこまで約20分程度で来ることが出来るちょうど良い散歩コースです。美しい海岸線を歩いていると、白良浜の美しさを称えた歌人西行の歌碑があります。「白良の浜の烏貝(からすがい)  拾ひやすくも思ほゆるかな」

白浜 (2).JPG
味のある歌碑です。

そして絶対外せない観光ポイントが、白良浜にある外湯(公共銭湯)の「白良湯(しららゆ)です。私はホテルから歩いてこれるこちらの外湯には必ず入りに来ます!

白浜 (1).JPG
地元の人に愛されている地元の温泉です!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -