So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

2018年(平成最後の夏)夏休みに読んだ本リスト [本]

どれも外れなしの名作

夏休みは映画と読書の夏。特に今まで読もうと思って平積みの未読本の山から平成最後の夏休みに読んだ本を忘れないようにまとめます。

・ウォッチメイカー(上下)byジェフリー・ディーヴァー
・旅のラゴス by筒井康隆
・モモ byミヒャエル・エンデ

ウォッチメイカー〈上〉 (文春文庫) ウォッチメイカー〈下〉 (文春文庫) 旅のラゴス (新潮文庫) モモ (岩波少年文庫(127))

「ウォッチメイカー」
リンカーン・ライムシリーズの最高傑作と名高いサスペンス作品。上巻の連続殺人事件を下巻でいきなり全否定したと思ったら、そこから事件がドンドン展開。冷徹な犯人ウォッチメイカーが仕掛けるトリックとライムの頭脳戦。また過去と現在の事件の繋がり等、手に汗握る展開はページを捲る手が止まらない!!全部読み終わるともう一度最初から読み直し必須なので、土日か時間がある時に読みましょう。

「旅のラゴス」
なんだ、この余韻は。中毒性があるので要注意(特に男性)。誰もが一度は憧れる職業=旅人。ラゴスが青年から長い時間をかけて不思議の世界を旅して歩き色々な経験を重ねていく物語は、ファンタジー要素の強いハードボイルド小説。最後の最後で死を覚悟して探しに行く「もの」は男のロマンなのか・・・。夢見がちな男性は必読。ラゴスが求める「もの」を同じように求めたり、はまりすぎると人生を棒に振る可能性あるので要注意。

「モモ」
ミヒャエル・エンデの傑作にして児童文学の最高傑作(再読)。説明は不要の神本。時間泥棒と戦う少女モモを通じて感じる「時間」の大切さ等は小学生だと理解するのは少し厳しいかもしれませんが大人には堪えます。中学生以下のお子さんをお持ちの皆さん、絶対に「モモ」をお子さんに読ませてあげて、その感想を一緒に話し合いましょう。貴重な読書体験になる事間違いなしです(断言)。

nice!(0)  コメント(0) 

休みだ―!! [つれづれ日記]

休みのための残業ってどうなの?

今日から夏休みです。昨日まで残業に次ぐ残業で仕事をして何とか夏休みを迎えることが出来ました。今日は部屋の大掃除をして、明日からは見逃した映画を見てのんびり過ごすぞ!それにしても夏休みをしっかり休む為にその前の1週間位死ぬ気で働くってどうなの?何だか本末転倒なような気がしてしょうがないです・・・。でも今は全てを忘れて休むぞ!!

nice!(0)  コメント(0) 

恐るべし会社支給のiPhone [つれづれ日記]

水没したiPhoneが何故か無事(汗)

本日会社から支給されているiPhoneを水没させました。社食で食事中に後ろを通った人がバランスを崩し、冷たいお茶を入れた湯飲みが私のトレイにそのままひっくりかえり、私のお水のコップとお味噌汁(まだ一口も飲んでない)が湯のみに倒されてトレイは浸水。ちょうどトレイの上に置いてあったiPhoneも残念ながら浸水・・・。iPhoneが浸水する現場を見てしまった同僚は一斉に私の火傷の確認等に動いてくれたのですが、iPhoneの救出が若干遅れてしまいました(会社支給だし、夏休み前だからいっそのこと壊れてしまえ、と思ったのは秘密)。

スマホケースや保護フィルム等一切付けていない状態で完全に水浸しになってしまったiPhoneを見て、皆が”もうダメだね”と同情の視線が集まるなか確認の為操作をしてみると、なんと水没したはずのiPhoneが普通に動いているのです。電話もかけられるし、データのそのまま綺麗に保存されている・・・。しかも席に戻って充電器につないでみても通常通りに充電されてる・・・。夕方に心配した同僚がシステムの人と一緒に何人か席に来てくれたのですが、水没しても完璧に動いている私のiPhoneに皆絶句。もしかして法人用のiPhoneは水没にも負けない防水仕様なんでしょうか。それとも私のiPhoneが仕事の呪いがかかっているのか(汗)

私は少しお茶がかかった程度で洋服もシミにもならずに済んだのですが、スマホも壊れるなら是非夏休み前に壊れてくれと密かに願っているのですが、どうやらこのまま何事もなかったように稼働を続けそうで恐ろしいです・・・。働けってことかしら⁇

nice!(1)  コメント(0) 

夏のカクテルと言えばモヒートでしょ! [おいしいもの]

自宅で簡単にモヒートが飲めます♪

異例の早い梅雨明けから1か月が経ち、そろそろ体も夏モードになって来た頃でしょうか。この1か月かなり忙しかったこともあり、夏のお酒を楽しみたいなと思っていた所にスーパーのお酒のコーナーでバカルディの「モヒート」を見つけたのでつい買ってしまいました。実はモヒートは私が大好きな夏のお酒なんです!

夏酒n.JPG
ジンのタンカレーは、薬草(ハーブ)の香りが好きな一番のお気に入り

作り方は簡単で、モヒートと炭酸水を1:1で割れば完成です。当然ですが、そのままではつまらない味なので、私は料理用のライムの液体をかなり加えています。ライムが入るとミントの味が引き立ち、甘みが抑えられて大分モヒートらしくなります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

最早社殿すらない世界遺産の神社「山宮浅間神社」 [山中湖&富士山ドライブ旅行_2018]

建屋不要、ご神体は富士山です!!

村山浅間神社を後にして車で5分走ると世界遺産の構成資産である「山宮浅間神社」に向かいます。パワースポットとしても最近話題の神社ですので、パワースポット好きはお見逃しなく。かなり山間にある神社ですが、どうしてこの地に創建されたのかは、後程明らかになりますのでもう少々お待ちください。こちらの浅間神社は現在富士宮の街中にある「富士山本宮浅間大社」が創建される前に浅間神社として初めて創建された神社で、浅間神社の総本社が現在の「富士山本宮浅間大社」に移ってからは最古の浅間神社として存在しています。

山宮浅間神社 (1).JPG
木漏れ日を受けて輝く社碑

一の鳥居から歩いてしばらくすると、二の鳥居に到着します。山宮浅間神社 (2).JPG
いよいよここから神聖な雰囲気がグッと増します

二の鳥居を抜けると灯篭が並ぶ参道を歩いて奥に見える籠屋に向かって歩いていきます。両脇に灯篭が並ぶ参道の奥に見える建物が籠屋です。

山宮浅間神社 (3).JPG
凄く神聖な地であることを肌で感じます

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

富士修験道の聖地「村山浅間神社」 [山中湖&富士山ドライブ旅行_2018]

篤い信仰の名残を感じさせます

前回に引き続き「村山浅間神社」をご紹介いたします。今回は修験道の中心地として栄えた歴史を感じて頂ければと思います。と、その前に、ちょうど私が訪問した時につつじの花が満開を迎え地元の新聞に掲載される程美しく咲き誇っていました。つつじというと小さく刈り込まれた低い街路樹のイメージが強いと思いますが、実は立派な木なんです。成長するとこんなに素晴らしい艶姿を見せてくれるんですよ!

村山浅間神社 (10).JPG
立派なつつじの木です

そんなつつじの木の横にあるのが、修験道で重要とされた水垢離場です。当然ですが今は使われていないので、水垢離場の遺構になります。かつては修行の前にここで身を清めていました。当時の模様は色々な文献に残っているそうです。

村山浅間神社 (11).JPG
富士山の湧水で身を清める場でした

そしてその奥にあるのが、護摩壇です。ここでバンバン護摩を焚いて修行の安全や成就を祈願したのでしょうか。奥にはひっそりと不動明王様が安置されています。

村山浅間神社 (12).JPG
小さな護摩壇が残されています

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

世界遺産の構成資産「村山浅間神社」 [山中湖&富士山ドライブ旅行_2018]

桜だけじゃない!美しいつつじが満開の浅間神社

富士山本宮浅間大社を後にして次に向かったのは世界遺産構成資産の一つ「村山浅間神社」です。今では大きな道路が出来ているので本宮浅間大社から車で15分も走るとあっという間に到着です。

村山浅間神社 (1).JPG
実に控えめな門構えですが、中は結構充実しています

「村山浅間神社」というだけあり、本当に山郷の中にある神社で、普通に車で走っていたら気が付かずに通り過ぎてしまうような、世界遺産とはかけ離れた雰囲気の神社です。

村山浅間神社 (2).JPG
鳥居のすぐ脇にはお決まりの世界遺産認定碑があります

数段の階段を昇ると、花の盛りを過ぎた桜が出迎えてくれました。街中はすっかり葉桜でしたが、こちらは大分富士宮の街から山を昇ってくるので標高差があり、まだ花が少し残っていました。なんてラッキーなんでしょうか。

村山浅間神社 (3).JPG
散り際の桜もまた美しいです

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

リコール対応でうちわを貰う [つれづれ日記]

貰ったうちわでパタパタ。

先週の週末に現在大規模リコールがかかっている愛車Aクラスのリコール対応でディーラーさんに行って来ました。その前の週には弟が父の車を持ち込んでいるので、我が家を担当する営業マンさんは2週連続で我が家対応です(苦笑)無茶苦茶暑い最中ということで、うちわを頂きました。

ベンツうちわ.JPG
クールなうちわです

リコール対応は1時間ちょっとで済んだのですが、実はずっと調子が悪いワイパー周辺を見てもらってかなり時間がかかりました。雑誌を読んだり展示車両を見せてもらったりと過ごしているとあっという間だったのですが、何度調整をお願いしても直らないワイパーの不具合が心配です。この週末は台風で雨が降るらしいので確認してみたいと思います。直ってると良いのですが・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

富士宮焼きそばと静岡富士山世界遺産センター [山中湖&富士山ドライブ旅行_2018]

美味しいB級グルメと世界遺産センターで勉強!

富士山本宮浅間大社に参拝してからすぐ目の前にある「お宮横丁」に行って、富士宮名物の「富士宮やきそば」を食べたいと思います。今回のドライブ旅行の目的の一つでもある、富士宮のB級グルメを見逃すことが出来ません!

富士宮焼きそば (1).JPG
静岡のB級グルメが集まっている路地

「お宮横丁」は富士宮やきそばの他に、浜松の餃子、おでん等静岡名物が一か所に集まっている路地裏です。静岡のアンテナショップみたいな場所なので、静岡のB級グルメを楽しむには打ってつけの場所です。中でも有名なのが、富士宮やきそばの専門店「富士宮やきそば学会」です。

富士宮焼きそば (3).JPG
富士宮焼きそば学会の店舗

こちらでオーダーすると、左側の小さな食堂で食べることが出来るので、そちらで出てくるのを待ちます。富士宮やきそばは注文してから作ってくれるので少し待ち時間が必要ですが、お店の中には富士宮周辺のガイド資料があり、時間を気にせず待つことが出来ます。そしてお待ちかねの富士宮やきそばの到着です!

富士宮焼きそば (2).JPG
もちもちの麺が特徴

富士宮やきそばの特徴は焼きそばの麺がうどんなので凄くもちもちです。また海が近いこともあって鰹節のお粉がかかっていて、ほんのり魚介テイストを感じます。出来立てほやほやということもあり、美味しくいただきました。こちらで頂く焼きそばはそんなに量がないので、これだけでご飯にするのは男性には少し物足りないかもしれません。それでは小腹を満たして幸せ気分になった後は静岡県が昨年(2017年12月)に開いた富士山世界遺産センターに歩いていきたいと思います。

富士山世界遺産センター(静岡) (7).JPG
立派な建物です!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

富士山本宮浅間大社で御朱印を頂きます [山中湖&富士山ドライブ旅行_2018]

隠れた見所も沢山あります、富士山本宮浅間大社

湧玉池の入口まで戻り、本殿をぐるっと回るように歩道が整備されているので、そちらを歩くことにします。まず一番最初に登場するのが、地元の人達の学業の神様が祀られている天神社です。こちらも沢山の絵馬がかけられていて、多くの人が合格祈願に来ているようです。

富士山本宮浅間大社ver1 (1).JPG
質素な中にも雰囲気は抜群です

そのまま歩いて行くと、拝殿からはみることが出来ない本殿を見ることが出来ます。こちらの本殿は高さが13mもあります。また当然国宝です!

富士山本宮浅間大社ver1 (2).JPG
本殿左側からの一枚。綺麗な装飾が見れます

ぐるっと回って拝殿に戻ってくると、ちょうど御祈祷が始まるところで、祈祷客が拝殿に入っていくところでした。地元の人達に大切にされていることを感じますね。

富士山本宮浅間大社ver1 (4).JPG
綺麗な朱色の拝殿には圧倒されます

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -