So-net無料ブログ作成
美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015 ブログトップ
前の10件 | -

見逃せない台湾観光協会キャンペーン [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

個人旅行者は絶対お得な台湾観光局主催のキャンペーン

台湾に限らず観光に力を入れいてる国の観光局はそれぞれのホームページで自国を訪れる観光客に向けたお得なキャンペーンを展開していることが結構あります。台湾は特に日本からの観光客の取り込みに力を入れているので台湾観光協会のホームページも日本語が完備されていてサイト上では期間限定で色々なキャンペーンが行われています。今回の台湾旅行に先立ち台湾の観光局のホームページをチェックしてみるとしっかりとお得なキャンペーンを発見しました。

2015年1月時点でのキャンペーンの内容は2種類のうちどちらかが選べるもので、1、桃園国際空港から台北市内までの無料リムジンバス(片道)。2、各飛行場の制限区域内にある免税店に置かれている対象の商品から1つ好きな物をプレゼント。というものでした。早速ホームページ上にある申込書をダウンロードし、必要事項を記入して観光協会にFAXすると数日で下の写真にあるクーポンが送られてきました(2015年3月時点ではキャンペーンはお休み中のようです)。

台湾ギフトクーポン (2).JPG
日本語、中国語、韓国語などでキャンペーンの内容が詳しく書かれています

私達の旅行は往復とも松山空港を利用したので2の方を選ぶことになります。早速帰りの飛行場でこのクーポンを使える場所を聞いて見ると、松山空港のコンコースの一番奥にある免税店の棚にクーポンと無料で交換できる品物が置いてあるのを発見。ノベルティーの様なものだろうと思っていたら、なんと本当に商品として店舗で販売されている商品と交換出来ちゃうということにビックリ。台湾観光協会は太っ腹ですね。

台湾ギフトクーポン (1).JPG
右側の棚の商品から選べます!!

私と母は相談の結果タロイモのクッキーとガバのドライフルーツと交換してきました。お菓子の他にも台湾の新幹線の模型があったりと結構品物が充実しているので選ぶ楽しみがあります。帰国後交換してきたお菓子を食べてみると期待以上の美味しさに二重の喜びとなりました。台湾観光協会のキャンペーンは頻繁に内容が更新される上にかなりのお得情報がありますので、台湾に旅行に行く際には必ずチェックしてみてください。現地キャンペーンの参加申し込みは大体出発日の2週間前までの申請が必要になるので、忘れずにホームページにアクセスしましょう。

パイナップルケーキの食べ比べ旅行の記録も今回で最終回です。2泊3日で観光は一切入れないのんびり旅行ながらも充実した旅行となりました。台湾は親日国家でしかも日本語が通じる場所が多いので海外旅行初心者にも本当にお薦め出来る国の一つです。同じ漢字の文化圏なので文字も何となく分かるのも心強いです。美味しい食事に南国の穏やかな気候と優しい人達。物価も日本に比べると少し安いので結構贅沢な旅行が出来ちゃいます。今回の旅行も良い思い出が沢山出来たので、次回は台中や南にある港湾都市高雄にも是非行ってみたいと思います!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

利便性抜群の都心の空港台湾松山空港 [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

便利な都心の空港、台北松山空港

あっと言う間の2泊3日の台北旅行も最後の空港を残すのみです。行きで中華電信のSIMカードの紹介時に簡単に松山空港には触れましたが、今日は松山空港をもう少し詳しくご紹介したいと思います。

松山空港は台湾の首都台北の街中に位置する空港で軍民共用空港です。空港の周りは国防に関する省庁や施設が置かれていて、飛行場やその周辺を上空から撮影することは禁止されています。市内からのアクセスもとても便利で、台北観光の足になる地下鉄MRTだとターミナル駅の忠孝復興駅まで3駅。しかもそこから乗り換えると市内の主な観光スポットはほとんど15分程度で網羅する便利さです。タクシーを使ってもしないまでは15分と非常に交通の便が良い飛行場です。タクシーも日本に比べると安いので大きな荷物がある時は地下鉄だと厳しいのでタクシーを使った方が便利ですし、実際2~4人までのタクシー1台に乗れる人数ならタクシーの方が安く付くなんてことも十分にあります。

台北_松山空港 (1).JPG
ANAのチェックインカウンター

空港の構造は国際線と国内線は同じ建物の中にあり、到着ロビーとチェックインカウンターは全て1階にあるコンパクな飛行場です。ANAのカウンター業務はスターアライアンスメンバーのエバー航空のグランドスタッフが代行しています。片言ですが日本語で案内してくれるのでこちらも言葉の心配はありません。

台北_松山空港 (3).JPG
保安検査場前のショッピングゾーン

ここでは台湾のスイーツ、タピオカミルクティーのお店「春水堂」があるので、最後の最後まで台湾グルメを味わいたい人は要チェックです。お店の前には女の子達の行列がいつも出来ているので待つのを覚悟で行ってください。私が買ったパイナップルケーキ「佳徳糕餅」を置いている「セブンイレブン」は1階にあるので間違えないようにしましょう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

幸せ~♪ 沐蘭SPA(ムーランスパ) [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

沐蘭SPA(ムーランスパ)ははずせません!!

今回の滞在の次なる目的はリージェント台北ホテルの20階にある沐蘭SPA(ムーランスパ)です。こちらのスパは前回滞在時にも施術を受けてとても良かったので今回もリピートでフェイシャルマッサージを受けてきました。台湾のマッサージは皆さんも良くご存知の「痛い~!!」と叫ぶ系のマッサージですが、ムーランスパではバリ式マッサージをベースにしたマッサージなので、痛いと叫ぶことはあまりないのでご安心ください。

沐蘭SPA (1).JPG
清潔感溢れるSPAです

こちらのスパはホテルの1フロアのほとんどを占める占有面積を持つ台湾で一番大きなSPAです。シャワーにトイレ、バスまで完全に設備が整った個室が幾つもありますが、なにせ人気があるSPAなので必ず予約が必要です。私が泊まった時もほとんど予約が満員で、出発前の日本で予約を済ませておいて正解でした。

沐蘭SPA (2).JPG
全て完備された個室

今回通されたお部屋は窓から台北の街が見渡せます。施術が終わった頃には既に外は真っ暗になっていましたが、窓から眺める夜の景色もまた素敵です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

これが目的、パイナップルケーキの食べ比べ!! [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

どれが一番美味しいパイナップルケーキなのか!!??

台湾グルメと言えばお茶、小籠包にそしてパイナップルケーキです!!今回の私達の達の目的はズバリ「鳳梨酥パイナップルケーキの食べ比べ」です。最近の台湾のパイナップルケーキのマーケットは成長が著しく、老舗のパイナップルケーキから新興勢力の台頭などなかなか目が離せない熱いバトルが静かに繰り広げられています。パイナップルケーキと言えば台湾のお土産の筆頭でもあり、誰もが大好きなお菓子です。今回の旅ではそんな「パイナップルケーキ戦争」がどうなっているのか、そして一番美味しいのはどれかを求めて食べ歩きしてきました!!

まずは台北のホテルで聞いた最新のトレンドによると、台湾のパイナップルケーキ界に黒船が来航した模様です。この黒船の正体は後々ご紹介することにして、この黒船の影響で甘いだけではなく高級路線という新たなジャンルの開拓がはじまり激戦を繰り広げている模様です。

1、「微熱山丘ーSunny Hills(サニーヒルズ)」
1番最初に取り上げるのは日本の南青山にも支店がある世界的人気の「微熱山丘ーSunny Hills(サニーヒルズ)」です。今、一番台北で人気のあるパイナップルケーキのお店だけあり、南青山のお店で食べたことがある人も多いのではないでしょうか?私も何度か台湾旅行のお土産でもらったことがあります。台北のお店(本店)は松山空港から徒歩15分くらいの大通りから1歩中に入った場所にあり、人気店らしくお店の前には警察が立っていたりとその人気の高さをうかがわせます。チェックインをしてからお散歩がてら歩ける距離です。

SunnyHills_Taipei (1).JPG
オシャレなお店です

この「サニーヒルズ」の特徴は何と言ってもパイナップルケーキの試食が出来ちゃうことです。パイナップルケーキ販売のお店ですが、店舗に喫茶スペースがありお茶とパイナップルケーキを無料で提供しています。味に自信があるからこそ出来るサービスですね。

SunnyHills_Taipei (3).JPG
試食セット。お茶のおかわりも自由です

気になるお味はパイナップルの味が濃厚でまじりっけなしの100%パイナップルの少し酸味がある餡がサニーヒルズのポイント。特に繊維質がある程度残っている位のつぶし具合がまたフルーツ本来の食感を残していてグッド。外はしっとりと軽めのケーキに濃厚な餡のコンビネーションも良く、抜群の美味しさです。

SunnyHills_Taipei (2).JPG
新年仕様の特別パッケージです。2015年の未年イラストです

参考までに価格は10個入りで420元でした。何種類かの箱詰めがあるので大量買いもしっかり対応してもらえますが、バラ売りはなく、最小販売個数は10個になります。

2、「大倉久和大飯店ーオークラプレステージ台北」
そして先に紹介したパイナップルケーキ界を襲った黒船は日本のお店でした。ズバリ、「大倉久和大飯店ーオークラプレステージ台北」です!!そうなんです、日本のホテルオークラが台湾に進出し、庶民のお菓子だったパイナップルケーキを高級中華菓子のレベルにまで昇華させて販売したことがパイナップルケーキ界の転機になったそうです。お店の紹介ホームページはコチラ

Okura_Taipei (1).JPG
味は高級、見た目も豪華でお値段も豪華

パイナップルケーキは1Fにあるデリカテッセン「The Nine」で販売されています。バラ売りもありましたが箱に入った方がお得だったので箱入りを購入。綺麗なケースもオークラ好きの私にはピンポイントです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

金品茶樓で小籠包と烏龍茶に舌鼓♪ [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

お茶と小籠包の幸せマリアージュ「金品茶樓」

台湾に到着した日の夜は遠出をする気が起らず、そのままホテルの近くにある「金品茶樓(ジンピンチャロウ)」というお茶屋さんが経営している小籠包の評判の良いお店に行くことにしました。旅の宿リージェント台北からブランド街を抜けて徒歩5分という抜群の立地です。大通りに面しているので夜でも安心して行けます。以前台北に来た時には日本にも支店を持つホテルの近くの小籠包のお店「京鼎楼(ジンディンロウ)」さんに行ったのですが、同じお店に行くよりも新しく綺麗なお店が良いということでこちらのお店に決めました(以前の「京鼎楼」の訪問記はコチラ)。

金品茶樓 (3).JPG
お店は明るく分かり易い店構えです

お店に入るといきなり日本語で「いらっしゃいませ~」のご挨拶。それなりの大きさがあるお店ですが、どうやら半分以上は日本人客のようで、ここは日本か!?と変な錯覚を起こすくらい普通に日本語が飛び交っています(汗)。私達はホテルのコンシェルジュにお願いして予約をしていたのですぐに席に案内され、小籠包のお店のテーブルセットがあっという間に目の前に用意されます。

金品茶樓 (4).JPG
このセットを見ると小籠包を食べる雰囲気になります

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リージェント台北コーナースイート その2 [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

寝心地抜群のベッドで熟睡

前回のリージェント台北コーナースイートお部屋紹介のリビング、ダイニングに引き続きベッドルームとバスルームをご紹介します。こちらは主に滞在中は母の居室となっていました。どうやら見晴しが良くすわり心地も良いソファーが気に入ったようで、この椅子に座って随分リラックスしていたようです。

このベッドルームの隣にはバスルームが配置されています。そのバスルームからの写真。大きなダブルベッドが2台余裕を持って配置されています。ダブルベッドが2台しっかりと並ぶだけあり、お部屋の広さはかなりあります。

Regent_Taipei_Suite_B (10).JPG
スーツケースが写ってる(汗)

Regent_Taipei_Suite_B (12).JPG
母お気に入りのソファー&オットマン

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リージェント台北 コーナースイート その1 [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

凄いアップグレードにビックリ!!

今回宿泊するリージェント台北(台北晶華酒店)は台湾の中で最上位にカテゴライズされる5星ホテルです。かつてはフォーシーズンズグループのホテルでしたが、その後紆余曲折を経て独立し、2015年2月現在台湾を中心とした地元資本のホテルチェーン「FIHリージェントグループ」のフラッグシップホテルとして経営されています。リージェント台北は特にロケーションが素晴らしく、ビジネス・ショッピング両方の中心通り中山北路に面しています。高級ブランドが並ぶ美しい通りと緑あふれる公園に挟まれたホテルは都会の真ん中にありながらも静けさをしっかりと確保された素晴らしいホテルです。

松山空港からホテルの正面エントランスにタクシーで滑り込んだ私達親子はタクシーを降りるとすぐにボーイさんが荷物を受け取ってくれて、そのままレセプションでチェックインへと進みます。このホテルは日本人が多く利用するホテルなので日本人スタッフが複数名常駐していて、常に日本語でのサポートを受けることが出来るのもポイントの一つです。レセプションへ向かうエントランスホールで日本人スタッフがスッとあらわれてすぐに予約の確認、チェックインと実にスムースな運びです。今回はスーペリアを予約していたのですが、チェックイン時に「いつもご利用頂きありがとうございます。今回はお嬢様とのご滞在ということでコーナースイートをご用意させて頂きました」と驚きの言葉が。

えっ、コーナースイート!!??

なんと驚きの6段階のアップグレードです。ホテルのご好意による無償アップグレードもここまでアップグレードされたのは初めてで驚きました。お部屋に案内してもらいながら、天気や旅の目的の話をしながら8階のお部屋に到着するとお部屋の豪華さにも驚きです!!今回の旅行も基本は観光一切無しののんびり路線なので、広いお部屋でのびのび快適にすごさせてもらいました。

かなり広いお部屋なので、今回はリビング部とその他(ベッドルームとバスルーム)を分けてお部屋を紹介したいと思います。今日は私がゴロゴロ過ごしていたリビングルームとエントランスをご紹介します。リージェント台北のコーナースイートはホテル正面に向いた大きな窓から日差しが降り注ぐ約33坪のお部屋です。10人位が部屋にいても窮屈さを感じさせない空間的余裕があり、大きなソファーセットと6人掛けの大きなダイニングテーブルがあります。

Regent_Taipei_Suite_L (10).JPG
デスクからリビングとダイニングの眺め

Regent_Taipei_Suite_L (11).JPG
ダイニングテーブルからの眺め

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中華電信のデータ専用プリペイドSIM購入@松山空港 [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

台湾では中華電信でネット環境を確保

松山空港に降り立ち、入国審査、バケッジクレーム、両替を終えると到着ロビーです。ここで街中に繰り出す前にしなければいけない大切な事が1つあります。今回の旅行中のデータ通信(インターネット)環境を入手することです。前回タイのバンコク旅行でも実践済みの現地通信会社のプリペイドSIMを買って、タブレットでネットを使えるようにするということです。知らない国での最新のネット情報は生命線ですので、タクシーで遠回りをされてぼったくられたなんてトラブルもGoogle mapを使ってどこを通っているのかを確認できるので未然の防ぐことが出来ます。これって本当に重要なことで、バンコクでその便利さを身を以て体験してから海外旅行/出張には現地SIMカードと決めました(バンコク、スワンナプーム空港でのSIM購入編はコチラ)。

今回の台湾では松山空港に入っている通信会社が中華電信1社なので、松山空港利用者はこの会社一択になります(余談ですが、中華電信の4GのCMキャラクターは金城武さんです!!CM素敵です)。台北のもう一つの空の玄関・桃園国際空港ではもう一社あるそうなので、価格を見ながら比較検討出来て便利そうですね。

中華電信のカウンターは到着ロビーのDの出入り口脇にあります。

中華電信 (3).JPG
Dマークを探して歩けばすぐに見つけられます

中華電信 (2).JPG
カウンターには大きく「中華電信」ロゴがあります

こちらのカウンターも私が行った時はとても混んでました。そしてカウンターでは混乱を避ける為に整理券システムが導入されていました!!これはビックリ。カウンターに近寄ると、SIMカードかと聞かれ、そのまま日本の銀行のカウンターで受け取る整理券と同じものを渡されます。そして少し離れたソファーで座って待つという流れでした。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANAさん、短距離線でも白いテーブルクロスが良いです!! [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

青い布ではなく白いテーブルクロスでお願いします

今回の台北旅行はANAです。3時間強のフライトと飛行時間が短いので行きと帰りの機内の様子を今回はまとめで書きます。写真は往復のものがごっちゃになってますのでご了承ください。機材は前回のバンコク旅行と同じB787ですが、短距離線なので少しずつサービスの内容が違いました。まずすぐに気が付くのはバンコク線にあった羽毛布団と枕が普通のブランケットになっています。

ANA_HND_TSA_C (12).JPG
足元は十分暖かいので問題なしです

この日のフライトは快晴で空が澄み渡り窓際の席は景色が抜群です。窓際シートを確保して上機嫌の母が富士山の美しい写真を撮ってくれました!!飛行機から観る富士山も完璧な形でその美はますます冴えわたっています。空から望む富士山もまた貴重なアングルです(感涙)。思わず二人で窓から富士山に合掌です。ありがたやありがたや。

ANA_HND_TSA_C (9).JPG
富士山と雲、最高のショットです!!

富士山を見ていると機内食のサービスが始まります。先ずは食前酒でシャンパンを頂きます。

ANA_HND_TSA_C (7).JPG
ANAのベジタリアン対応の”あられ”がスナックです

ここで私はある違和感を覚えます。なんだか何かがバンコク線と違う気がする。しかも結構大切な何か・・・。この違和感は後ほど触れることにして、機内食をさくっとご紹介します。往路は2人とも和食を選びました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ラウンジはラウンジでもクレジットカードラウンジに潜入 [美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015]

今回は一つ奥のラウンジを覗いてみました

自動ドアを通り抜けるとラウンジの案内板と飛行機の発着案内が出ています。それによると、ここにはANAのラウンジ以外にもいくつかラウンジがあるようです。どれどれ??

羽田ラウンジ (2).JPG
分かり易い表示です

一つ上の4Fには「ANAラウンジ(スイートラウンジ含む)」と各種クレジットカードのゴールドステイタス以上の人達が使えるラウンジ「SKY Lounge ANNEX」、5FにはJALの「サクララウンジ」とキャセイパシフィック以外の外資系エアラインのビジネスクラス以上のユーザー向けラウンジ「TIAT Lounge ANNEX」、6Fには「キャセイパシフィック ラウンジ」があります。掲示板横の長いエスカレーターで上のフロア4Fに上がるとANAのラウンジがどーんと登場です。羽田空港ではANAがJALを抑えて完全に一丁目一番地を押さえています。

羽田ラウンジ (3).JPG
こちらがANAのラウンジです

今回は別のラウンジも覗いてみたいと言う私に「モノ好きね~」とあきれ顔の母。ANAラウンジに母を残して一人、奥の「SKY Lounge」に行ってみました。好奇心は人生をいかに面白くするかを決める重要な要素です。折角の機会ですからしっかりと有効活用です!(羽田のANAラウンジのレポートはコチラ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 美味しい鳳梨酥を探せin台北_2015 ブログトップ