So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年は「ローグワン」で締めくくり! [映画]

映像加工技術の高さで奇跡が起きた!!

2016年最後のエントリーは昨日の夜にようやく劇場で見ることが出来たスターウォーズシリーズの初スピンオフ作品「Rogue One(ローグワン)」の感想で締めくくりたいと思います。公開からかなり時間が経ってしまいましたが見てきましたよ「ローグワン」。上映の関係から日本語吹き替え版で鑑賞したのですが、ちょっと違和感を感じさせる部分があったので確認の意味も込めて字幕版オリジナルを絶対に見に行こうと思います。あまり感想を書くとネタバレになってしまうので詳細は避けつつ控えめに。

タイトルの「Rogue=ならず者」からも分かる様に、スターウォーズシリーズ定番の”正義と悪”が明確に分かれていません。どちらかというと皆スポットライトが当たることがない組織の闇の部分で生きる運命に翻弄される薄幸なメンバーが絶望的な戦いに身を投じるストーリーでした。ですがそこはスターウォーズ。エピソード4の10分前までを描いたということもあり、最後の最後で「希望は死なない」ことを描きます。正直前半はあまり面白くありませんでしたが、後半は”神ってる”出来映えでした!!コアなファンは前半も間延びを感じつつも小ネタで繋ぐことは出来ると思いますが、SWの世界初心者さんにはSF映画としては多分時間を持て余すと思います。スターウォーズ大好き人間の私は見る前は”ジェダイもライトセイバーもなしのスピンオフでディズニーでしょ?”と甘く見てましたが、これまでのSWにはあまり描かれなかった人間臭さや光の影の部分があり大満足でした。

そしてビックリしたのがターキン提督とレイア姫の登場です。本人にしか見えない・・・( ゚д゚)ポカーン。今の映像技術って凄いと実感しました。そしてダース・ベイダーことベイダー卿ですが、個人的には勿体ない使い方をしている様な。フォースによる部下の首絞めや真っ赤なライトセイバーなどのお約束はしっかり登場しましたが、この頃のダースベイダーはシリーズの中で最凶最悪時代なので、もっと強さと恐怖を感じさせる描き方をしてほしかったかな。反乱軍の雑魚に手間取るなんて認められないわ!!なんだかんだと書いてしまいましたが素晴らしい作品でした。

2016年も今日で終わりです。今年は皆様にとってどんな一年だったでしょうか?私は入院したり転勤辞令発令と慌ただしい1年になりました。来年は年明け早々新しい土地での生活が始まります。2017年がどんな年になるのかまだ分かりませんが、全ての方にとって今年よりも良い年になることを祈念したいと思います。今年も私の拙いblogを読んでいただき有難うございました。皆さま、良いお年をお迎えください!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファン必携 スター・ウォーズ英和辞典シリーズ完結! [映画]

遂に、ジェダイマスター編が発売されます


スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・マスター編スターウォーズファンから熱い支持を受けている学研「スター・ウォーズ英和辞典」シリーズのシリーズ完結編となる”ジェダイ・マスター編”が2016年9月6日に発売されることが決定し、いよいよ発売日まで約1週間となりました。このシリーズは映画Star warsの登場人物達の会話を例文にして英単語を学んでいくファンにとっては画期的な英和辞典で、これまで小学生~中学生までの初級英語に対応した”ジェダイ・入門者編(通称パダワン編)”と、高校生レベルの”ジェダイ・ナイト編”の2冊が発売されています。そして今回遂に語彙を増やしパワーアップした”ジェダイ・マスター編”の発売となりました。

スターウォーズは皆さんもご存じの通りそれぞれ3作で1つのシリーズになっており、この辞書でもシリーズ毎にまとめられているので、パダワン編ではクラシック3部作(「新たなる希望」「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」)に登場する中学基礎レベルの英単語を収録し、ジェダイ・ナイト編ではプリクエル3部作(「ファントム・メナス」「クローンの攻撃」「シスの復讐」)に登場する高校生レベルの英単語が収録されてきました。例文が長すぎるのはご愛嬌です。勿論マニアックな解説とイラスト(可愛い)や感動のシーンもしっかり採用されているのでちょっとしたスターウォーズ辞典となっています。そして今回発売されるマスター編の説明には、、、

クラシック3部作、プリクエル3部作に加え、最新作「フォースの覚醒」にいたる『スター・ウォーズ』全7作に登場する英単語約3100語を網羅した『スター・ウォーズ英和辞典』シリーズの集大成。描き下ろしオリジナルイラスト約300点、映画からの名場面写真を2000点以上掲載したマスター級の英和辞典!

とあるじゃないですか!しかも同じタイミングで3冊をまとめたBoxセットまでもが販売されるとか。Amazonの情報によると、トリロジーBoxセットにはおまけで別冊「ハット語フレーズブック」が付くそうです。ジャバ・ザ・ハットのセリフが理解できるのは嬉しいのですが、若干実用性に疑問が・・・(汗)。正直な話仕事で使えるレベルではないのですが、眺めているだけでも十分に楽しめますし、家族全員がスターウォーズファンで子供が英語を勉強している学生さんなら2セットあっても良いかもしれませんね。とは言え、ここまで来たらファンならBoxセットで買うしかないか!?とかなりテンション上がっています。う~ん、う~ん、セットで買うべきか、それともマスター編だけ買うべきか・・・。でもでも映画では新たに「エピソード7/フォースの覚醒」で新シリーズが始まりましたし、スピンオフ作品もこれから2作(「ローグワン」とハンソロの若き日を描く作品)が予定されているので、これらの作品を受けた新英和辞典の構想もあるんでしょうか?とにかく気になるスターウォーズシリーズの最新アイテム”ジェダイ・マスター編”の発売が待ち遠しいです!!

May the Force be with you.

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・マスター編

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・マスター編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/09/06
  • メディア: 単行本

スター・ウォーズ英和辞典 トリロジー全3巻BOXセット

スター・ウォーズ英和辞典 トリロジー全3巻BOXセット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/09/06
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スターウォーズ最新作「ローグ・ワン」最新予告編公開! [映画]

SWシリーズ初のスピンオフ「ローグ・ワン」!

昨年スターウォーズシリーズの最新作「フォースの覚醒」でスターウォーズの新しい3部作が始動しました。世界中のスターウォーズファンは、ハン・ソロやルーク、レイア姫等懐かしい面々の登場と新ヒロイン・レイに熱狂しました。私もレイがライトセーバーをフォースの力で手元に取り寄せたシーンで感動のあまりウルウル来ちゃいましたよ(号泣)。そんなスターウォーズファンにとって今年気になるのが、12月16日公開予定のシリーズ最新作にして初のスピンオフ作品「ローグ・ワン(Rogue One: A Star Wars Story)」です!既に第一弾の予告編が公開されて色々な憶測が飛び交いましたが、第二弾の予告編が新たに公開され遂に”あの方”の登場も確認することが出来ました!!シューっという呼吸音とバックショットだけでファンの心を鷲掴みです。

「ローグ・ワン」は「エピソード3/シスの復讐」と「エピソード4/新たなる希望」の間の物語で、エピソード4の冒頭でレイア姫がR2-D2に預けるデススターの設計図を入手するという過酷なミッションに挑む勇者たちの物語です。既にジェダイは滅亡しフォースは伝説となり、恐怖と絶望で世界を支配する絶対的帝国軍に果敢に挑む5人の活躍は旧3部作のトリガーとなるミッションでファンにとっては見逃せません。

今回の主人公はアウトロー要素をふんだんに持つ女性ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)。彼女のお目付け役が反乱軍で実戦経験豊富でナイスガイなキャシアン・アンドラ(ディエゴ・ルナ)。ジンに散々振り回されながらもミッション達成に向けて奮闘予定です!予告編からも分かる通り作品が全体的にダークな感じですよね。あまりにも暗い内容で配給元のディズニーが大幅な再撮影を要求し、一時は公開が遅れるのではないかと心配していましたが予定通りに公開されそうで安心しました。今から4か月先の公開が待ち遠しいです!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

冬休み映画第二弾、007 スペクター [映画]

これが最後?ダニエルボンドの集大成

冬休みに入ってすぐに映画「007」の最新作「Spectre(スペクター)」を観てきました。公開されてからかなり時間が経っているので観客は数える程度でしたが、2時間半を超える大作ながら過去の「007」シリーズへのオマージュを沢山盛り込んだ内容と「カジノロワイヤル」から続くボンドと悪の組織スペクターの戦いに決着がつきシリーズとしても綺麗に終わりを迎える内容に、巷で噂されてる通りダニエル・クレイグのボンド最終作品になるのかなというのが正直な感想です。

007_Spectre_poster.jpg

会場でこのポスターを見た時に既視感がやたら強く、自宅に帰ってから007のBlu-rayのBoxセットを開けてみるとこんな写真を見つけました。

007‗Spectre_Poster_01.JPG
あ~ら、初代ボンドと同じ格好しているじゃないですか!

私の記憶力もなかなかです。上のショーン・コネリーの白のタキシードは多分「ゴールドフィンガー」。そして今回の映画でも使われたボンドの時計はNATOストラップモデル。今では映画のスポンサーOMEGAの時計を使っていますが、ショーン・コネリー時代はRolexのサブマリーナでした。メーカーこそ違いますが、今回のボンドのスタイルは往年のボンドファンには堪らなかったのではないでしょうか。悪の組織スペクターの会合で長い机を囲んで幹部達がそれぞれの活動の成果を報告する場面は「サンダーボール作戦」のシーンそのままです(私は「サンダーボール作戦」が好きです)。初期の作品の悪の組織はスペクターで、彼らのシンボルが今回の映画でも登場したタコのマークで組織の重鎮はお揃いのタコマークの大きな指輪をしています。そしてボスは白猫を膝の上でなでなでしています。

ダニエル・クレイグはジェームズ・ボンド役になってから10年が経ちますが、彼の起用と同時に映画の作風もこれまでの娯楽作品から一気にハードボイルド路線に変更し、一部熱狂的な男性ファンが増えました。私が初めて「007」を観た時のボンドはピアース・ブロスナンだったので、彼が演じる”女癖が悪く、軽くて仕事が出来るスマートなプレイボーイスパイ”のイメージだったので、「カジノロワイヤル」で登場したボンドには唖然としたことを今でも覚えていますが、今では影のあるボンドとして立派に新しいジェームズ・ボンド像を確立しましたね。次のジェームズ・ボンド役には既に何名か名前が上がっているので、誰が選ばれるか今から楽しみです。初代のスマートなショーン・コネリーと彼を模したピアース・ブロスナン路線に戻るのもありかな。賛否両論あると思いますが、ダニエル・クレイグのボンドシリーズの終焉に相応しい凝縮された良い映画でした。冒頭のメキシコでの派手なアクションシーンと流れるカメラワークは大きなスクリーン向けなので、ボンドファンは劇場に足を運ばれると良いと思います。


 
007 コレクターズ・ブルーレイBOX(24枚組)(初回生産限定) 007/スペクター収納スペース付 [Blu-ray]

007 コレクターズ・ブルーレイBOX(24枚組)(初回生産限定) 007/スペクター収納スペース付 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スターウォーズ、フォースの覚醒、観てきました! [映画]

2回劇場に行ってきました!

12月に入り仕事が殺人的に忙しく映画館になかなか行くことが出来ませんでしたが、ようやく「スターウォーズ フォースの覚醒」を観てきました(会社帰りに駆け込みました)。吹き替え版と字幕版で2回鑑賞し、この冬休み中ももう一度行く予定です!!

SW.JPG
ミレニアムファルコン号の活躍に涙

いやぁ、良い意味でも悪い意味でも期待を裏切る内容でした。これまでのファンには懐かしいシーンが満載のオマージュ映画として観れば満足ですし、今回初めてスターウォーズを観るという新米ファンも過去6作品を見てなくても十分楽しめる出来だったと思います。世代交代が完全にされたことをひしひしと感じました。エピソード1のファントムメナスから今回の最新作まで作品の中では約60年の時間が流れている計算になるので、そりゃ主要キャラクターの世代も交代しますよね。

オールドファンから見ると物語の突っ込みどころが結構あったのは事実。特に女性トルーパーの登場は、エピソード2で描かれた我らが愛すべきクローントルーパーの誕生の秘密とは相反するところがあり、これは絶対NGです。しかも今作のヒーロー、フィンの設定も同じ理由でNG。トルーパーはジャンゴ・フェットじゃなきゃね。

そしてもう一つ「えっ!?」と突っ込んだのはハリソン・フォード演じるハン・ソロが息子に向かって呼びかける「ベン!!」という名前。え?ジェイセンじゃないの??とポカーンとしてしまいました。多分オビワン・ケノービの隠棲時代の偽名ベン・ケノービにあやかったものだと思うのですが、ちょっと無理があるでしょ。そう考えると主人公レイちゃんはジェイナ・ソロのはずが、親子関係が変わってしまっているし・・・。他にも色々と言いたいことはありますが、ネタバレ防止のために最後に一つを書いて終わらせたいと思います。

カイロ・レン、躁鬱っぷりが激しいけど大丈夫か!?

私の愛するR2-D2が全く活躍せずに残念。新しいドロイドBB-8が一生懸命で可愛かったので良しとしますが、やはりR2-D2の活躍が見たかった・・・。次回作ではちょっとでも活躍してくれると嬉しいです。来年はスピンオフ映画「ローグワン」の公開も控えていますし、2017年にはエピソード8の公開が決まっています。今から楽しみです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ようやく前売り券買えました!SW [映画]

映画公開一週間前に前売り券購入!!

12月に入って忙しさが半端なくこのブログも半分放置状態になっていて大いに反省です(汗)。そんな仕事だけの日々を何とか生き残るために心の支えにしているのが、今週金曜日に公開される「スターウォーズ、フォースの覚醒」です!!ということで、本日ようやくセブンイレブンで前売り券を買ってきました!!

SW_Ticket_201512.JPG
おまけに「スターウォーズ新聞」をもらえます

しかもレジに置いてあったスターウォーズくじなるものにも手を出し、I賞でトルーパーのチャームをゲット。師走の忙しい最中にこき使われる企業人間の私としては、劇中に数多く登場しては一瞬で消えていく消耗品のトルーパー達と自分の存在の軽さが相まってなんとも言えない悲哀感と親近感を感じます。でもトルーパー達は超優秀なので悪しからず。家に帰ってから前売り券のおまけで付いてきた「SW新聞」を熟読。かるーくSWの世界に浸って幸せな時間を過ごせました。気が付いたら明日は月曜日。来週も休日出勤確実なのでいつ映画館に行けるか心配ですが、必ず劇場に足を運びたいと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

巨星落ちる 俳優高倉健さん死去 [映画]

偉大な俳優の死に合掌

高倉健さんが亡くなりました。今年1番ショックなニュース。本当に残念で仕方がありません・・・。衆議院の解散も消費税増税延期のニュースも吹き飛ばす残念なニュースに、ただただ惜しいの一言です。

今週末は「幸福の黄色いハンカチ」を見て、素晴らしい俳優が残してくれた名作に涙して故人を偲びたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ちょっと物語が端折られ過ぎか・・・でも予想以上「レ・ミゼラブル」 [映画]

ミュージカル映画としては間違いなく傑作です


レ・ミゼラブル [DVD]昨年公開され日本中で社会現象を起こしたミュージカル映画「レ・ミゼラブル」をようやく見ました。なんと言っても監督は口パク撮影を一切禁止し、俳優陣に演技をさせながら実際に歌わせたという俳優泣かせな撮影を敢行したということで話題になりましたね。主人公ジャン・ヴァルジャンを演じたヒュー・ジャックマンを始め、歌唱力と演技力の両方を持つ豪華キャスト揃いとなると観ないわけにはいきません。

「レ・ミゼラブル」というと、フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴ―の代表作にして世界的ベストセラーです。日本では私の世代以上は「ああ無情」のタイトルの方がピンと来る人が多いと思います。フランスの動乱期を舞台に主人公ジャン・ヴァルジャンの波乱の人生を通して貧しい民衆へのエールと間違った社会システムからの脱却という壮大な人類愛をテーマにした大河小説です。実にフランスらしい小説です。ジャン・ヴァルジャンを中心とした多くの登場人物を巻き込み、物語が大きくうねる展開は非常にダイナミックで、現在販売されている完訳版の岩波文庫版は全4巻と相当の長編になります。この大ベストセラーは後々ミュージカルや映画、漫画にもなり広く世界中で愛される世界的名作となり、今回作成された映画「レ・ミゼラブル」はミュージカルをベースにしたミュージカル映画で、原作とは少し内容が違い2時間半と映画では長い作品ながら、原作の良さをある程度残したコンパクトな仕上りになっています。

先述したように映画は2時間半ですが、展開がメチャクチャ早いので飽きません。正直ジェットコースター映画です。しかもセリフはほとんどなく全てが歌なので物語は容赦なくガンガン進んでいきます。私は物語を知っているので流れについてけましたが、多分観ていて「んんっ!!??」と展開についていけなかった人も多いのではないでしょうか。特に物語のクライマックスに当たる革命までの展開は超高速です(汗)。一応、ファンテーヌが歌う超有名なアリア「夢破れて/I dreamed a dream」は開始30分で聞けちゃいます。ちなみにこの曲は数年前にイギリスのスーザン・ボイルがオーディション番組で歌い一世を風靡したあの曲です。Youtubeでその時の映像をどうぞ!!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

一番悪い奴は誰だ? 「アウトレイジ・ビヨンド」 [映画]

続編も"殺るか殺られるか"の極悪非道な世界

私にとっての長期休みの楽しみの一つは見逃してしまった映画を借りてきてゆっくり観ること。映画館に行きたいと思っていても、スケジュールが合わず公開中に映画館に行くことが出来ずに見逃してしまった映画もたくさんあります。そんな観たかった映画の一つ、北野武監督作品「アウトレイジビヨンド」を観ました。「アウトレイジ」の感想はコチラ!!

Outrage beyond.jpg


アウトレイジ ビヨンド [DVD]前作の「アウトレイジ」は俳優陣がとても豪華で、悪人を演じたことがなかった三浦友和さんが超悪役を演じたことでも話題になりました。今を時めく俳優陣が勢ぞろいと言っても過言では無いキャスティングでしたが、ほぼ全員が死亡しているので、どうやって続編を作るのか気になっていたのですが、やはり北野監督だけあり期待を裏切らない作品になっていました!!北野作品ファンとしては嬉しい限りです!!

キャストの豪華さは前作に劣るのは否めませんが、前作の「アウトレイジ」の路線はそのままながらも、下剋上がテーマだった前作に比べると、よりディープな人間関係、欲望、陰謀、裏切りや殺し合いが展開されていきます。そして前作のラストで殺されたはずのたけしさん演じる”大友”も生きていたことになり復活しています。大友を殺したことになっている"あの人"も続編の「アウトレイジビヨンド」では重要人物の一人として登場します。作品が始まってたけしさんが登場するまで20分以上かかりますが(汗)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バットマン伝説の終わり「ダークナイトライジング」 [映画]

そしてバットマンの伝説は終焉を迎える・・・


ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ようやく観ることが出来ました、バットマンシリーズ3部作の最終章「ダークナイトライジング」。「バットマンビギンズ」から「ダークナイト(レビューはコチラ)」、そして「ダークナイトライジング」とへ新しいバットマンの伝説を鬼才クリストファー・ノーラン監督が描いたバットマンシリーズの最後の作品です。主役のバットマンことブルース・ウェイン役にはクリスチャン・ベール、執事アルフレッドにはマイケル・ケイン、ルーシャスにはモーガン・フリーマン、そしてゴードンにはゲイリー・オールドマンと脇を固める俳優の層の分厚さも前作に続き完璧です。

まだノーラン監督の3部作を見ていない人の為に、3部作の1作目「バットマンビギンズ」と、続編「ダークナイト」を少しおさらいしようと思います。鑑賞済みの人は読み飛ばして下さい。

1部の「ビギンズ」は、不況と腐敗に苦しむ都市ゴッサムシティにある大企業ウェイン社の御曹司の可愛らしい少年ブルースが両親を目の前で惨殺され、復讐を誓うも力及ばす心身ともに屈強な力を得るべく「影の同盟」と言われる軍団で自らを鍛え上げ、ゴッサムシティに戻ってからバットマンとして悪との戦いを始めるまでの物語が描かれます。ここではブルースに戦い方を教える「影の同盟」のボス役として渡辺謙さんが出演しています。2作目の「ダークナイト」ではゴッサムシティに突然現れた正体不明の犯罪者ジョーカーの出現で街は一遍します。地道なバットマンの活動も、悪の芽を完全に摘み取ることは出来ないことを感じていたブルースは、最強最悪の敵ジョーカーと同時期に就任した地方検事ハービー・デントこそが、ゴッサムシティに光をもたらす人間だと確信し、バットマンとしての人生を辞めることを決めます。ところが狂気に満ちたジョーカーの執拗なバットマンに対する挑戦は常軌を逸し、ハービー・デントの心の闇までをも利用しバットマンを追い詰めていきます。人々の希望「光の騎士」だったハービーも自らの心の闇に堕ちます。人間の心の奥に潜む不安や闇を曝け出すことによって、いかに人間とは脆く危うい存在かをジョーカーはゴッサムシティの人々に見せつけ、最後はバットマン自らがハービー・デントを殺害した罪をかぶり街をさることになります。人々の希望であるハービーを殺したバットマンはヒーローから犯罪者へと転落し、人々から憎悪の感情を向けられ、ハービー殺しの汚名を着せられ、決して光を浴びることがない「闇の騎士(ダークナイト)」となります。特にこの「ダークナイト」は物語、映像、音楽、演出、俳優の全てが完璧な仕上がりで、映画史に燦然と輝く傑作のひとつとして映画自体が伝説になりました。特にジョーカーを演じた俳優ヒース・レジャーの演技は凄まじく、主演のバットマンを完全に喰う迫真の演技に恐怖すら感じさせるものがありました。しかしながら映画公開前に28才で急死。彼にとって完成された最後の作品がこの「ダークナイト」になり、このジョーカー役で多くの映画賞を故人として受賞し話題となりました。本当に素晴らしい俳優さんだっただけにその死が悔やまれます。

そして3部作最終章となる「ダークナイトライジング」は、前作の「ダークナイト」を超える作品を求められる大きなプレッシャーのもと、監督はさぞや大変な思いをしたと思います。相変わらず2時間半越えの大作でしたが、決して飽きることなく最後まで画面に釘付け状態でした。感想を一言でまとめるなら、「ダークナイト」でバットマンは伝説となり、最終章である「ダークナイトライジング」はバットマンの伝説の終りであり、如何にこれまで作り上げた伝説にピリオドを打つかにノーラン監督の美学を感じました。当然前作同様アメコミの世界を凌駕し、子供向けのエンターテイメント性は一切なく「ダークナイト」で築き上げた大人の為の映画としての世界観を踏襲していますし、映像はパワーアップし、演出も静と動の対比、心理戦や希望と絶望の不均衡や緊張感の演出など、ノーラン監督の持てる全ての要素が注込まれ作り上げられた作品になっています。最後にしてようやくバットマンのクリスチャン・ベールが主人公として映画の中心としてしっかりと立ち回ることが出来て安心しました(苦笑)。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画