So-net無料ブログ作成
検索選択
ビューティ ブログトップ
前の10件 | -

落ちないメイクにビックリ! [ビューティ]

ブルゾンちえみさん、どちらのメイクをお使いで?

今更ですが、24時間テレビでマラソンを走ったブルゾンちえみさんの化粧が落ちていないのに凄く衝撃を受けたのですが、一体どこのメーカーの化粧品を使っているのかしら。ぜひ知りたいと願うのは私だけではないはず。超きになります!!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

皮膚科の先生におススメされた乾燥肌用酵素洗顔「ミノン」 [ビューティ]

毛穴に詰まった古い角質には酵素洗顔

久しぶりの更新です。1週間弱の缶詰出張からようやく帰宅し、昨日起きたらお昼過ぎ(汗)。寄る年波には勝てません・・・。さて、今日は久々に美容に関するネタを書こうと思います。というのも先日乾燥肌が遂に限界に達し皮膚科で保湿剤を処方してもらうことになったということを書きました(コチラ)。

その時に30代も半ばを過ぎると肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が乱れがちになる上に、お化粧が肌に残って基礎化粧品が肌に浸透する邪魔をすることによってケア不足となり加齢と合わさって肌トラブルを起こしやすくなるというお話がありました。要するに年齢を重ねれば重ねる程洗顔が大事ということです。特にインナードライ肌の私はその傾向が強いみたいで、しっかりと正しいクレンジングと洗顔を続けると乾燥肌も改善されるから頑張ってみてとアドバイスをもらいました。

ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー 35g その時に勧められた方法の一つをご紹介します。
1)お風呂に浸かって毛穴を開き、クレンジング
2)「酵素洗顔」
3)基礎化粧品でしっかり保湿

イチゴ鼻なんて俗に言われている毛穴に詰まった角質やザラザラは、どんなに頑張っても普通の洗顔では取れません(古い肌と若干の油の混合物はタンパク質なので親油性の問題からもクレンジングオイルで頑張っても取れません)。爪やピンセット、毛穴パックでとると逆効果ということで絶対NGです。ですが乾燥が著しい私の肌でピーリングなんてしたら肌が大変なことになりそう・・・(汗)そんな不安を察してくれたのか、先生が「第一三共さんから乾燥肌用の基礎化粧品のシリーズがあってね、そこに乾燥肌でも使える酵素洗顔パウダーがあったような気がするな~」とこっそりと教えてくださいました。看護婦さん達も愛用している様で処置の待ち時間に色々と教えてもらい、家に帰って早速調べてみたところありました「MINON(ミノン)酵素洗顔パウダー」!!早速近くのドラッグストアーで購入です。

ミノン酵素洗顔 (1).JPG
確かにタンパク質を分解することが出来て、身近にある物と言えば、重曹、酵素、炭酸ですよね。ですが、どれも健康な肌のタンパク質をも溶解する危険性があるので簡単に手を出すのは危険。ですがこちらの「MINON」は乾燥肌専用に作られたシリーズなので、なんと毎日使っても大丈夫だけれども、週1,2回の使用がおススメとあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

海なし県の乾燥に肌がギブアップし皮膚科に(涙) [ビューティ]

ほほ骨周辺の肌が乾燥でピリピリする(涙

1月から埼玉県に転勤となり5か月目を迎えました。生活も大分慣れてきましたが、一つだけ慣れないことあります。それは空気の乾燥。これが結構大変で、基礎化粧品を変えたりと色々と対策をしてきましたが全く改善の兆しがなく、顔の中で特に皮膚が薄いとされる目の周りやほほ骨あたりのお肌は化粧水を付けるたびに沁みてしみてしょうがないのです。4月の後半から日差しも強くなってきたせいかお肌もギブアップということで午後から半休を貰ってご近所の皮膚科に行って来ました。

結論は極度の乾燥によるダメージ。ということで皮膚科で保湿クリームを出してもらいました。

皮膚科保湿剤.JPG

ヘパリン類似物質のクリームタイプを処方してもらいました。これを化粧水がしみる箇所に塗ってしばらく様子を見てね、ということでした。このクリーム本当に保湿効果が高く、お肌が潤います。1週間使ってみましたが大分症状が改善されてきました。

こちらのヘパリン類似物質クリームはワセリン等市販の保湿剤では手が届かない真皮までお薬が届き、保湿効果を発揮し、しかも炎症を抑え血流を良くすることによってダメージを受けた皮膚の再生を促してくるという神クリームです。手術跡が残らないように塗る場合も多いみたいですね。流石医薬品。こんなすごいクリームが保険適用で380円で買えてしまうとは・・・。お肌の場合ターンオーバーが約28日なのでこのお薬を付けながら約1か月頑張れば乾燥に負けない、というか元通りのお肌に戻れそうです。本当に良かった。でもこのままだと、お薬がなくなるとまた元通りの危険性が(汗)。これは抜本的な対策を考えないといけませんね。とにかく今は化粧水がしみなくなってきただけで満足です。今後しばらく病院通いをしてお薬を貰った方がいいかもしれないけど、病院土日やってないし。う~ん、悩みます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

甘酒の隠れた効能 実は風の初期症状に効果あり [ビューティ]

風邪の引き初めには甘酒と栄養ドリンクで

先週は週の後半から風邪の症状に苦しんでいました。でもこの症状が風邪なのか花粉症なのか分からず、花粉症のお薬を飲んでいることもあり市販の薬を飲んで良いのかも分からないので、ちょっと困っていしまいました。そんな時におススメしたいのが我が家の定番の風邪の引き初めに効果がある甘酒と栄養ドリンクのセット飲みです!このセットを毎晩飲んで風邪を悪化させることなく無事に復活することができました!

甘酒栄養ドリンク.JPG
甘酒と栄養ドリンクのセット

甘酒は「飲む点滴」と言われる程栄養豊富な飲み物で、最近ではダイエット、美容や健康にも良いということで女性たちの間で甘酒ブームが来ています。少し昔までは甘酒は正月だけの飲み物というイメージがあったり、味がちょっと苦手で・・・という人もいらっしゃるかと思いますが、最近の甘酒の進歩は凄まじく、甘酒が苦手な人でも飲めるように進化してきています。実は私も甘酒があまり得意ではない方なんです(汗)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

遂に最強の制汗剤に辿り着きました・・・ [ビューティ]

制汗剤は資生堂「セレンシュア」に決まり!!

女性にとって春から秋にかけての必需品制汗剤。長らく最強の制汗剤を求めて迷走してきましたが、遂に納得できる最強の制汗剤に辿り着くことが出来ました。その名も「セレンシュア」です。

セレンシュア.png
ドシンプルで広告など一度も見かけたことがない隠れた銘品

制汗剤と言えば、スプレータイプやシートタイプ、ロールオンタイプ等様々あります。メジャーなのはスプレータイプですが、やはりロールオンタイプに比べると効果と持続性が弱いです。効果抜群なのはロールオンタイプですが乾くまで少し待つのが難点と、各種一長一短です。@コスメの口コミや周囲の人のおススメなどを参考にしてAg+や8x4、Ban等各種デオドラント製品を試してきましたが、最終的に「最良」と辿り着いた商品がこの「セレンシュア」でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アレルギー検査「MAST36」で意外な食物アレルギーを知る [ビューティ]

ショック!!食物アレルギー持ちだった

先日いつもお世話になっている病院の先生の勧めでアレルギー検査「MAST-36(マスト36)」を受けた結果が戻ってきました。「Mast36」というのは主要アレルギー源となる36種類のアレルギーを一気に検査するマルチ血液検査です。この検査のポイントは、アレルゲンと接触(食べたり、鼻から入ったり)した瞬間からアレルギー反応を起こす「即時型アレルギー」に特化した検査ということ。特にアナフィラキシーショックを起こしやすい食物アレルゲンは全部で14種類カバーしており、現在の表示が義務付けられている特定原材料全部が含まれています。

血液検査の結果を下の写真の様な0~6までのクラス評価で数値化したものが返ってきます。

mast33_02.png
A4の紙1枚にコンパクトにまとまっています

今回の結果を見て飛びぬけて高い結果になったのが”クラス4”のスギとカモガヤ。毎年花粉症の時期になると苦しんでいるのでスギは納得の結果です。同じく高い値だった「カモガヤ」はイネ科の植物で、スギアレルギーを持っている人の半分は持っているというセット物だそうです。そして検査結果をよくよく見ていくと、衝撃の事実が!!

mast33_01.png

小麦粉、牛乳、卵、胡麻がクラス2の陽性反応!!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬の乾燥対策必需品、白色ワセリンで手作りハンドクリーム [ビューティ]

白色ワセリンを使って更に冬場の乾燥対策を強化

極度の乾燥肌の私が長く愛用しているヴァセリン。それまで何度かblogで紹介してきましたが、2015年からはこれまで以上のスキンケア効果と満足感上昇したバージョンアップしたワセリンの使い方をご紹介します!これまで使っていたのはVaselin(ヴァセリン)こと市販の商品でしたが、2015年からは黄色ワセリンからより精製を重ねた白色ワセリンに変更です。この変化は大きく、白色ワセリンは医薬品であり医療の現場で使われている皮膚病のお薬の基礎になるものです。病院で看護婦さんが塗っているのを見たことがある人もいませんか?アトピー患者さんも処方される安心安全の一品で口に入れても大丈夫です(でもやめましょうね)。ご自宅でペットを飼われている方にもおすすめですよ。

白色ワセリンハンドクリーム (2).JPG
ドラッグストアーで売られています。50gで200円弱とお安いのも魅力!

この白色ワセリン、ヴァセリンと違って無臭です。ここポイント。ヴァセリンを使っていた時に油臭さとあのベトベト感がどうしても最後まで好きになれませんでしたが、白色ワセリンには精製度が上がることにより匂いもありませんしベトベト感もグッと少なくなっています。使用感はヴァセリンよりも少し固めで伸びが悪いので、初めて使う場合はどれくらいの固さかを事前にチェックしておきましょう。手で温めてから使うと伸びも良くなるのでこのままでもOKという人も結構多いと思います。

今回はこの白色ワセリンを使ってオリジナルのハンドクリーム、特に夜寝る前につける乾燥防止用特性ハンドクリームを作りたいと思います。そのままでも使える白色ワセリンにひと手間加えて、伸びを良くし香りを付けるのが目的です。先述した通りハンドクリームの伸びは個人の好みがあるので事前のテクスチャーチェックは忘れずにしましょうね。材料は下の写真にあるものだけで大丈夫です。大体は100均や自宅にあるもので代用できちゃうものばかりです。


白色ワセリンハンドクリーム (1).JPG

<材料>
白色ワセリン
伸びを良くする為のオイル(お気に入りのボディーオイル。今回はパンプリよ!)
携帯用ケース(100均ので十分です)
スパチュラ(混ぜ棒なので、スプーンでも竹串でもOK!)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

朝の立ちくらみには「苓桂朮甘湯」が効果抜群でした!! [ビューティ]

起立性貧血にはツムラの「苓桂朮甘湯」が効きました

立ちくらみ、特に梅雨から夏場に頻発する起立性貧血に悩まされ続けて早20年。今年の夏に投入したツムラの漢方薬で遂にこの悩みを解消することに成功しました。自分の体を使った気合のを入れた3か月に渡る人体実験結果をご報告します!

今回投入した漢方薬はツムラの「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」です。漢字が全く読めずに名前を覚えるのに苦労しました(苦笑)。病院で処方していただいているのでツムラの39番になります。漢方薬の世界では立ちくらみやめまいは体に過剰に貯まった水分が引き起こす病気「水毒」にカテゴライズされ、「苓桂朮甘湯」は水毒が原因の起立性貧血やめまい、耳鳴りに特化したブレンドでその効能の高さから”めまいの特効薬”として昔からメジャーな漢方薬だそうです。そして体にたまった水分を出すので補助的な効果として冷えとむくみの改善も期待できます。一言で表現すると「体の余計な水分を徹底的に出す漢方薬」です。

Kampo_No39.JPG

気温が上がるにつれて立ちくらみが酷くなり、週に1度は貧血で電車を降りて駅で休ませてもらうという生活を梅雨の時期から夏の終わりまでしていましたが、この漢方薬を飲み始めてから一度も起立性貧血を起こしていません。電車で座っていても貧血を起こす筋金入りの起立性貧血体質だっただけに、この効果には感動しきりです。会社に行けないのも大変ですが、駅で横にならせてもらうのも本当に申し訳ないですからね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ツムラの漢方薬の包装が変わりました [ビューティ]

新しいパッケージになってよりユーザーフレンドリーに

長年服用しているツムラの漢方薬の包装が変わったようです。先日いつも通り病院で処方箋を出して頂き、薬局で漢方薬を受け取ってみると新しいパッケージになっていました!説明書も一緒に入っていて、より使いやすく、そして薬局などでの管理を簡便化するためにバーコードを追加し、切り口にわかりやすく黒の印を入れるなどの変更を行ったようです。

DSC05289 - コピー.JPG

小さな変化ではありますが、確かに番号が白抜きになって見やすくなった感じはしますね。それにこれまでの漢方薬の包装は片方にしか開封用の切り口が入っていない上に薬毎に切れ込みの入る方向が違うというちょっと不便なところがありましたが今回のリニューアルでは袋の両方に切り口が入るということで、より便利になったということが言えますね。ただこれまでの包装に目が慣れていることもあり、最初見た時は違和感を感じましたがこれもすぐに見慣れることでしょう。

漢方薬は一般的な西洋薬とは違って服用する期間が長くなるものも多いのでこういった改良は非常に歓迎です。お薬に求められる最も重要なことは効果があることではありますが、こういった包装に改良を加え飲みやすい薬に変えていくということも重要なポイントだと思います。私も漢方薬のお世話になって長いですし、また今後も飲んでいくことになると思うので早く新しいパッケージに慣れたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

遂に今年もこのシーズンが来てしまった・・・起立性低血圧 [ビューティ]

突然の汗と目の前が真っ暗に

今朝久しぶりに電車の中で貧血で具合が悪くなり、駅で休ませてもらうという失態をやってしまいました(涙)。その為本日は自宅療養。原因は自分自身で分かっていて「起立性低血圧」からくるもの、俗に言う「脳貧血」です。昔から低血圧症持ちだったんですが、最近は年をとってきたこともあり血圧も上がってきて、常時上が100をこえて低血圧症は克服することができました。しかしこの突発的な貧血症状が気温が上がってくる5月から秋まではどうしても克服できないのが悩みです。

「起立性低血圧」は小学校や中学校の時に朝礼で倒れてしまう子がいましたが、あれです。通常思春期の女子に多い症状で、大人になるにつれて症状が緩和され気づかないうちに治るそうですが、私の様に低血圧とのコンビネーションで克服できずに、大人になっても症状が出る人が結構いるそうです。子供の場合長時間立っていたり、突然立ち上がったりする時に症状が出ることが多いようですが、大人の場合はただ座っていても起こる時は起こるので結構困るんですよね。私も電車で座っている時に一番症状が出ます。この症状の仕組みとしては血圧が上がらずに脳に血が行かなくなり、生命の危機を感じた脳が強制シャットダウンをかけるというものではあるのですが、このシャットダウンが駅のホームなんかだと転落の危険性があったりとかなり危険です。

ふらっと来た時は無理をせずにそのまま電車を降りて頭を下げてしゃがんだり、休ませて頂いて頭に血が回る様にしていますが、具体的に有効な対策というのがなかなか見いだせないのが現状です。一応血圧を上げる薬は持ち歩いているのですが、飲んでも効くまで時間がかかって症状が出た後の回復には役に立つのですがその程度です(病院の先生も飲ませたくないのが本音の様です)。血圧が上がれば窮地は脱出できるので血圧を上げる効果のある塩分に注目し、昨年熱中症対策で売られている塩タブレットに効果を少し感じることが出来ました。熱中症も汗による水分と塩分不足からくるものなので、塩分補給が重要なカギになっています。これを上手く転用できないかと自分の身体で人体実験をした結果、まずまずの成果を得ることが出来ました。でもやはりこれも気休め程度。根本的な改善には至っていません。梅雨から盛夏シーズン、特に夏バテが始まると週に1度の割合で起こるので、仕事も効率が下がってジワジワと影響が出てきます。自律神経に起因するという説もありますし、この症状(病気)の治療方法が一日でも早く見つかることを切に願うばかりです。先ずは塩タブレットを探しにスーパーに行かねば・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | - ビューティ ブログトップ