So-net無料ブログ作成
検索選択
フェラーリテイスト満載のF1 ブログトップ
前の10件 | -

F1カナダGP フォースインディアの速さにビックリ! [フェラーリテイスト満載のF1]

フォースインディア速い!!

久しぶりにF1ネタです。ヨーロッパラウンドに突入し、近年まれにみるフェラーリの好調などビックリなシーズンも中盤に差し掛かり、少しヨーロッパを離れてカナダのモントリオールで週末にカナダGPが開催されました。

優勝はポールトゥウィンでメルセデスのハミルトン。2位もメルセデスのボッタス。3位はレッドブルのリカルドでした。今回の見所の一つでもあったスタートで、神業の様なスタートを決めたフェルスタッペンが途中リタイアをすることになってしまいましたが、もしのマシンにトラブルが発生しなかったらボッタスが2位を獲得できたか怪しい程の好調さでしたね。

そして一番驚いたのがフォースインディアの速さです。なんとレースの最後の最後まで3位を走るリカルドの後ろにペレス、オコンとピンクのマシンが迫ってきて、もしや3位はフォースインディアかと思ったのですが、フレッシュなタイヤを履くオコンを前に出してリカルドにチャレンジさせるというチームオーダーをペレスが完全に無視したためにフォースインディアは表彰台のチャンスを自ら手放してしまいました。そしてリカルドを追いかけているうちに後ろから怒涛の勢いで迫って来たフェラーリのベッテルが最終的に2台のフェースインディアを抜いて、3位獲得どころか5,6位と一番いただけない結果になってしまいました。レース後のコメントでペレスは自分の正当性を主張していましたし、今回のチームオーダー無視に対してチームとしてどれ位強い対応を取るかで、今後のフォースインディアの方針も見えてきそうです。

好調なフェラーリも今回は表彰台を2台とも逃しコンストラクターズタイトルではメルセデスに逆転されました。世界中のフェラーリファンは今年のフェラーリがここまでメルセデスと戦えるとは思っていなかったと思うので、中盤戦までトップ争いを演じてくれただけで満足です。もし可能でしたらもう少し良い気分に長く浸れたら嬉しいですね(笑)

さ、そして今週はいよいよル・マン24時間レースです。去年のル・マンではトヨタ5号車が残り3分でまさかのスローダウンで優勝を逃がしリタイアというドラマティックなエンディングはモータースポーツ史に永遠に語り継がれる出来事になりました。今年は昨年の悔しさをばねに挑んでくるトヨタに、3年連続優勝しているポルシェの熱い戦いが見れそうです。ヨーロッパではスポーツの夏本番です。これから色々なスポーツ観戦で忙しくなりそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カナダGPでハミルトンがセナのPP記録に並ぶ [フェラーリテイスト満載のF1]

アイルトン・セナのPP獲得数に並ぶ

最近F1ネタから大分離れてしまっていましたが、現在開催中のカナダGPの予選でメルセデスのハミルトンがポールポジションを獲得したことで、これまでセナが持っていたPPの最多獲得数に並んだというニュースが聞こえてきました。セナのポールポジションの獲得数って、ミハエル・シューマッハの年間総合王者獲得数と同じように絶対に塗り替えられることがない記録だと勝手に思い込んでいたので(シュー様を除いて)、このニュースを読んだ時に感慨深いものがありました。今回の記録を記念してハミルトンはセナのファミリーからヘルメットが寄贈されたそうです。ハミルトンにとってアイルトン・セナは永遠のヒーローなので、本人もさぞや喜んでいる事でしょう。

かつてシューマッハは「記録は塗り替えられるためにある」と言っていました。多くのレジェンドが同じ言葉を幾度となく口にしてきましたが、やはりセナの記録も更新されましたね。しかも彼を敬愛してやまない後輩であるハミルトンによって。勿論セナが活躍した時代は年間のグランプリ数が今よりも5戦位少なかったので、多分純粋な比較対象にはならないかもしれませんが、セナはきっと天国で自分の記録が塗り替えられる瞬間を目を細めて眺めていたんでしょうね。シュー様が2000年にセナの通算優勝回数に並んだ時の記者会見でシュー様が号泣したのは有名な話です。セナとシュー様の関係性はハミルトンとセナのそれとはまったく比べ物になりませんが、こうやって記録が更新される瞬間を目にすることが出来るのは、長年F1ファンをやっていて良かったと感じる瞬間でもあります。憧れのセナの記録に並び喜ぶハミルトン。目の前でセナの命が散る瞬間を目にし、それ以降のF1界をいやでも背負うことになってしまったシュー様がセナの記録に並んで見せた涙。サイボーグと言われた人の涙は今でも忘れられません(そしてそのシュー様を優しく隣でフォローしたハッキネンの紳士的な態度も)。セナの偉大な記録を忘れないために書いておこうと思いますが、彼は生涯で162戦参戦し、PPを65回獲得しています。一方のハミルトンは190戦は越えていたはず。そう考えるとセナの記録の偉大さも決して色あせることはありませんね。

これからもきっとF1は進化を続け新しい記録が生まれ、古い記録が上塗りされていくことでしょう。最近のファンから見たら懐古主義的発想だと笑われてしまうと思いますが、今回のハミルトンの記録を聞いて思わずセナの少し孤独を感じさせる微笑みが懐かしく胸をよぎりました。セナの活躍も懐かしいですが、ホンダのかつての黄金の日々もまた懐かしいです。今はね・・・(涙)

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハミルトン、盤石のレースで中国GPを制す [フェラーリテイスト満載のF1]

やっぱりハミルトンは速くて強いな

F1中国GPが開催されました。ちょうどインターネットを徘徊していたところSky TVのLive streamingが見れるサイトがあり、それで土曜日の予選を見ていたのですが、肝心のレース本線は所用で出かける用事があり見ることが出来ずF1公式サイトのハイライト映像で確認しました。

結果は優勝がメルセデスのハミルトン、2位がフェラーリのベッテル、3位が怒涛の勢いで順位を上げてきたレッドブルのフェルスタッペンでした。中飛びのハイライト映像だと全部が分からないのですが、全体を通して感じたのが、メルセデスのハミルトンは今年も強いということでした。途中、予選で大クラッシュをしたザウバーのジョビナッツィが本線でも同じように大クラッシュをしてセーフティーカー投入とレースの転機を作ってくれました。このセーフティーカー先導中、まさかのボッタスが運転ミスでコースオフしくるくる回っているうちにどんどん順位を落とし、そのまま表彰台を逃してしまいました。それまでは良いペースで走っていただけに残念です。色々と書きたいこともありますが、今回のレースは総じて普通かな。

ジョビナッツィの予選のクラッシュはストリーミングで見ていたのですが、同じようなクラッシュを2日連続でするのは頂けないなと思っていると、なんと彼はフェラーリのリザーブドライバーじゃないですか!!??ちょっとフェラーリファンとしては心配だわ・・・。そして同じく心配なのがライコネン。今回はタイヤではなくパワー不足を嘆いていたようですが、同じマシンのベッテルよりもパフォーマンスが悪かったです。予選からいまいちでしたが、現場介入型の現会長マルキオンネ氏の忍耐が切れたっぽいです(汗)。元ワールドチャンピオンでもパフォーマンスが悪いドライバーは一瞬で切りそうなマルキオンネ会長なので、来年もチームに残りたいなんて言っている場合ではなく、次回のバーレーンあたりでベッテルを越える働きを見せないとシーズン途中でライコネン切られそうです。個人的にはライコネンがいなくなっても問題はないのですが、リザーブドライバーはジョビナッツィだと希望が持てない・・・(汗)。何度も言っていますが、本当にビアンキがいてくれたらと思います。

さ、次戦は今週末のバーレーンです。この砂漠のサーキットは熱と埃(砂塵)が舞い散るエンジンに過酷なサーキットです。メルセデス勢が早くもシーズンを先導する結果になるのか、それとも他のチームがそれを阻止できるのか、そして我らがマクラーレンホンダは完走出来るのか、少しでも改善されることに期待したいと思います!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マクラーレンホンダ、いきなりピンチか!? [フェラーリテイスト満載のF1]

ホンダエンジンがクビの危機!?

開幕戦がようやく終わり、2017年シーズンが始まったばかりのF1で、いきなりきな臭い噂が出てきました。なんと「マクラーレン、ホンダに違約金を払ってメルセデスエンジンに変更か!?」という物です。勿論その前段階からアロンソがホンダエンジンのパワー不足を嘆いたり、アロンソの親友であるウェーバーが「アロンソはシーズン途中でチームを離脱する可能性がある」と発言する等布石がありましたが、ここで噂の当事者であるマクラーレンから「速い車があればアロンソを引き留めることが出来る」という趣旨のコメントが出てきて、これは本当にホンダがマズイ状況に立たされているのではないかと心配になってきました。

マクラーレンでホンダを愛し、ホンダエンジンの採用を決めたのはロン・デニスでした。調子が出ないホンダエンジンの擁護者も彼でした。デニスはマクラーレン社の大株主でしもありましたし、チームの中で彼の意見は神の声状態でした。そんなロン・デニスが昨年マクラーレン社のお家騒動で失脚し、ホンダはマクラーレンの中の唯一の見方を失いました。そして後任として就任したのがザック・ブラウン氏。彼はマーケティングのプロフェッショナルであり、就任後「2018年にはマクラーレンの車体を世界一流ブランドのロゴで埋め尽くす」と発言した人物です。今のチームがブラウンが言っている”世界一流のブランド”を集めるだけの実力があるかと言えば残念ながら答えはNoです。チームの運営に関して完全にビジネスマンの考えを持つブラウン氏のマインドを考えればいの一番に切るべき相手はホンダであり、手を組むべき相手はメルセデスです。となると、今回の噂あながち放置も出来ません・・・。日本人としてホンダに頑張ってもらいたい気持ちは大きいのですが結果が全てのF1で、今のホンダの状況は厳しいです。

まだ2017年のシーズンが始まったばかりなのにいきなりこんな話題が持ち上がるということにビックリですが、今年のマクラーレンホンダが真剣に心配になってきました。F1から追い出されることはないと思いますが、これからホンダがどんな道をたどるのか、ハラハラしながら見守りたいと思います。心配だ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

奇跡だ。まさかのフェラーリ、ベッテル優勝! [フェラーリテイスト満載のF1]

フェルスタッペンに躓き、ハミルトン優勝逃す

2017のF1開幕戦となったオーストラリアGPが行われました。まだまだ各チームともテスト感が抜けていない雰囲気があるものの、久々のレースに引き締まった顔をしたドライバーを見るといよいよシーズンが始まったんだなと感じさせます。

記念すべき開幕戦で優勝したのはなんとフェラーリのベッテルです!去年1勝も出来なかったフェラーリが2017年初戦でいきなり優勝してしまいました・・・。フェラーリは突然の優勝で2017年シーズンは今日で終了してしまうのではないかと心配です(汗)。一方、ポールポジションを獲得した大本命のメルセデスのハミルトンは、1回目のピットアウトの後レッドブルのフェルスタッペンを抜かすことがなかなか出来ずにベッテルのオーバーカットを許してしまいました。しかしながらハミルトンはしっかり2位を確保、ボッタスも3位とメルセデスのチーム力は高そうです。

今回のフェラーリの勝利はラッキーでしたね。今回の優勝に一番浮かれているのはフェラーリのマルキオンネ会長の様です・・・。フェラーリのスタッフもティフォシもまだまだメルセデスより速いとは思っていませんし、これから低迷するフェラーリを見ることになる覚悟も出来ています。フェラーリファンとしてはこの一勝だけで、残り全部のレースでリタイアしてもファンを続けることが出来ます(感涙)。さ、次回は中国GPです。今度のレースでフェラーリがどこまでメルセデスにどこまでくらいついていけるのか楽しみです!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1オーストラリアGP予選 ハミルトン、ポールポジション獲得 [フェラーリテイスト満載のF1]

メルセデスは今年も盤石な模様

さぁ、始まりましたF1オーストラリアGP。気になる初戦の予選でポールポジションを獲得したのはメルセデスのハミルトン。昨年のワールドチャンピオンのロズベルグ不在の中、ハミルトンの強さは光っています。そしてそのハミルトンのチームメイトになったボッタスも予選3位と今年のメルセデスの強さは盤石の様です。このメルセデスの間に飛び込んだのがフェラーリのベッテル。同じくフェラーリのライコネンが4位となりました。フリー走行と予選は速いけど、本戦で何故か失速というパターンを繰り返してきたフェラーリですが、今年は明日の本番でどれぐらいメルセデスに食らいついていけるか楽しみです。

母国グランプリとなるレッドブルのリカルドはQ3でバリアにクラッシュしてノータイムとなり10位と明日の挽回に期待したいところです。そして台風の目として常に話題を振りまいてくれるフェルスタッペンも5位と健闘。今年のレッドブルはかなり実力をつけてきているはずなのでこの2台からも目が離せません。明日はいよいよグランプリ本番。誰が2017年の初戦ウィナーになる、楽しみです!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1、いよいよ開幕戦 [フェラーリテイスト満載のF1]

2017年シーズンがオーストラリアからスタート!!

ワールドチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグの電撃引退という予想外の形で終幕を迎えた2016年シーズンから約4か月。いよいよ今週末に開催されるオーストラリアGPからF1、2017年シーズンが始まります。財政難からチームが消滅したり、引退したはずのドライバーが急遽復活を遂げることになったりと、ドラマチックな出来事を越えての開幕戦ということで気分が高揚します。

5月のヨーロッパラウンドが始まるまではテストの延長なのでどこのチームも調整が主体となる週末が多いですが、それでも昨年圧倒的強さを誇ったメルセデスが今年も中心になるのか、低迷を続けるフェラーリがカムバックを果たすのか、各チームの状態を見るのには打ってつけなので”フライアウェイ”と言っても見逃せません。マクラーレンホンダもみんなが期待をしているものの冬季テストは散々な結果になってしまい、どうやってここからリカバリーをかけるのか、それともこのままテールエンド争いを毎回展開することになるのか気になるところです。しかも開幕戦は青山にあるホンダの本社でパブリックビューイングが恒例になっていて、今年も開催ということで公開処刑にならないように祈るばかりです。

今年の目玉はなんといってもピンクカーことフォースインディアのマシンでしょうか(笑)そして毎年楽しみなのが新人ドライバーの活躍です。今年はレギュレーションも一新され高速化が進み、ドライバーの腕の見せ所が増えるという話なので、ぜひとも若手ドライバーもベテランドライバーに引けを取らない活躍を期待したいです。どんなシーズンになるか今から楽しみですが、私が住んでいる社宅では残念ながら放映が見れないので、何とか試行錯誤しながら情報を集めたいと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1全チームの2017年マシンが出そろう [フェラーリテイスト満載のF1]

あれ、しっぽが付いている・・・

先週はF1の2017年シーズンに向けた新車の発表ウィークでした。つい先日昨年のワールドチャンピオンが決まってシーズンが閉幕。その瞬間にまさかのチャンピオン引退でストーブリーグが大変な騒ぎをしていたのに、もう新車発表です。毎年オフシーズンが短くなっている気がします。そんな2017年の新車はマシンに関するレギュレーションが大きく変わり、一気にローボディーでワイドなデザインに一変しました。

今年のトレンドはエンジンカバーがシャークフィンになっていることでしょうか。そしてフェラーリの新車にはシャークフィンに羽(Tウイング)がついてる!!空力的な事はよくわからないですが、何だか心配に・・・(汗)他のチームのマシンにはなかった様な気が・・・こんなところでオリジナリティーを出さなくても(以下自主規制)。

ferrari-sf70h.jpg
フェラーリの新車SF70H

フェラーリファンとしては、今年のタイトル争いは最強のメルセデスとエイドリアンを復帰させた本気のレッドブルにお任せして、棚ボタ勝利の1勝位あったら嬉しいなというお気楽モードです。コンストラクターズで3位を死守できるかどうかといったところでしょうか。既に始まっているバルセロナテストでどんな感じか各チームのお手並み拝見です。

最後に我らがマクラーレンホンダはオレンジカラーを復活。マクラーレンのオレンジ時代を知っている人がどれぐらいいるかは不安ですが、カラーリングのせいかあまり速そうなマシンに見えないのが残念。しかもテストでいきなりホンダのPUがトラブル起こしているので今年もファン泣かせのシーズンになりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

やっぱりか・・・アリソン、メルセデスに加入 [フェラーリテイスト満載のF1]

ジェームズ・アリソン、メルセデスに正式加入

昨年6月までフェラーリのテクニカルディレクターだったジェームズ・アリソンがメルセデスのテクニカルディレクターに就任することが発表されました。パディ・ロウが離脱してから噂がありましたが、やはりその通りロウの後任としてアリソンが就任しました。

ジェームズ・アリソンというと、奥様を病気で亡くし、残された子供達と過ごす時間を増やしたいという理由からマラネロ勤務ではなく母国イギリスのチームへの移籍を模索中でした。今回念願かなって、しかも現在最強と言われるチームに加入することはアリソンにとっても最良の選択肢だったんでしょうね。素晴らしい才能の持ち主ですので、彼の能力がまたF1の世界に戻ってくるのは嬉しい限りです。彼の活躍を祈りたいと思います!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボッタス、メルセデスに正式加入&マッサ引退撤回 [フェラーリテイスト満載のF1]

噂通りのボッタス起用で決定

昨年のF1ワールドチャンピオン、ニコ・ロズベルグの突然の引退により、一気に慌ただしくなったストーブリーグ。最強メルセデスの貴重なシートに座ることになったのは噂通りボッタスでした。ボッタスの正式採用により、2016年で引退を決めたフェリペ・マッサが引退を撤回して現役続行が決定。収まるべきところに収まった感じですが、マッサも引退発表後に色々なところで盛り上げてもらったこともあり、きっと復帰は気恥ずかしいところもあるんでしょうね(苦笑)ボッタスの契約が1年契約ということで、どうやらメルセデスはボッタスをつなぎとしか見てないようですし、早くも2018年のドライバー市場の話も出てきそうな雰囲気です。

2017年は大きく車の規定が変わって速度が一気に上がるとか。後半サーキットを席巻したレッドブルも勢いを取り戻しつつありますし、楽しみなシーズンになりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - フェラーリテイスト満載のF1 ブログトップ