So-net無料ブログ作成

伸びすぎたシュートをピンチしよう [ガーデニング]

栄養をしっかり分散させるための一工夫

今日も前回に続きバラのお手入れです。前回は成長過程で何らかの理由で突然成長が止まってしまった枝(ブラインドシュート)の処理方法をご紹介しました(その時のエントリーはコチラ)。今日はその逆の減少、一つの枝だけピューンと伸びてしまったシュートの処理方法をご紹介したいと思います。このお手入れは株が若かったり、病気などで体力が落ちてしまっている株に有効に感じます。では、実践!!

Rose (1).JPG
赤枠の中の枝が飛び出してしまっています

これは我が家のキャトルヴァン嬢です。この株は毎年夏になると夏バテしてしまい、葉を大量に落としてしまうため、どうしても株を充実させるのに時間がかかります。そんなキャトルヴァン嬢は大切に育てているのですが、時々この写真の様に一つの枝に養分が偏ってしまいそこだけピューンと伸びてしまうのです。

続きを読む