So-net無料ブログ作成

ライコネン、2018年もフェラーリ残留が決定! [フェラーリテイスト満載のF1]

布石か?ライコネン、2018年も残留決定

雨模様だった夏休みが開けて、関東地方では久しぶりに真夏の暑さが戻って来た昨日、夏休み中のF1から早くも移籍関連ニュースが飛び込んできました。今年いっぱいで契約終了となるフェラーリのライコネンの来季残留が決定しました!このタイミングでの発表は例年に比べると早い発表です。現在トップチームで来年空きが出るシートは、メルセデスのボッタスと、フェラーリの2シートです(レッドブルは複数年契約中なので安泰なはず)。トップチームとはかけ離れていますが、一応マクラーレンホンダのアロンソも今年で契約が終了しますね。

そんなトップチームのシートを巡って色々な噂が飛び込んできますが、やはりベッテルがメルセデスのシートを狙っているという話がかなり有力です。現在復活の光が見えつつあるフェラーリにとって、ベッテルの離脱は絶対に避けるべく、100億円を軽く超える金額で複数年契約を提示しているという噂もあります。残留の条件としてベッテルサイドからフェラーリに出した条件の一つがライコネンの残留だったという話なので、今回のライコネン残留の発表でベッテル残留が少し現実に近づいてきたかなと感じます。でもメルセデスもロズベルグが電撃離脱をして、ドイツ人ドライバーは絶対に欲しいはず(若干ハミルトンとの確執が心配ですが)なので、そんなに簡単にあきらめるとも思えません。巷では既にベッテルとメルセデスの間には2018年の契約があるという話もあるくらいです。これからシーズン後半戦に突入し、結果次第では大きな動きもあるかもしれないので目が離せませんね。まずはフェラーリがベッテル引き留めに向けた最初の一手を打ちました。次の矢はどこから飛んでくるのでしょうか、楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。