So-net無料ブログ作成

コーヒーも紅茶もフレンチプレスでワンランク上の味に [おいしいもの]

大活躍!フレンチプレスで楽しむコーヒー&紅茶

1人暮らしにとって欲しいけどなかなか買うのをためらうキッチンアイテムの一つにコーヒーメーカーがあります。毎日使うわけではないけど週末家でくつろぐ時間にインスタントコーヒーじゃなくて美味しいコーヒーが飲みたいな、でも置く場所ないし・・・と諦めている人が結構多いのではないでしょうか?私もそんな一人で、週末は美味しいコーヒーが飲みたいですし、紅茶だってティーバッグではなく茶葉をしっかりと蒸して飲みたいと思っていました。

そんな諦めモードが入っていた時に実家から使っていなかったフレンチプレスを持ち込みコーヒーや紅茶を飲むようになり、ちょっと手間ですが、フレンチプレスで入れるコーヒーの味の良さに今ではすっかりはまっています。今回の引っ越しで残念ながらガラスの部分が割れてしまったので、新しくBODUM(ボダム)のフレンチプレスを購入しました!

フレンチプレス (2).JPG
ボダムのKENYAシリーズの一番小さなタイプです。

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J フレンチプレスはコーヒー粉を購入し、そこの熱湯を投入し混ぜる。4分待ったあとゆっくりとプレスをかけて粉を下に落とせば美味しいコーヒーが完成です。簡単なんですが、ダイレクトに豆の味を引き出すのでハンドドリップで入れたコーヒーよりも味が確実にワンランクアップします。フレンチプレスでいれたコーヒーとコーヒーメーカーで同じ豆を使って入れたコーヒーを飲み比べたことがあるのですが、素人の私でも分かる位の差があり、信じられない位味が変わります。参考までにコーヒー1杯の場合は、付属の計量スプーンで一人分の7gのコーヒー粉を計量することが出来ます。余談ですが、BODUMはデンマークのブランドで素敵な北欧デザインと機能性でフレンチプレスのメーカーと言ったら、ボダムかハリオと言われる程の定番中の定番です。初めて挑戦する場合はボダムの物を買うことをおススメします。

横浜に引っ越ししてきたことでご近所に良いコーヒー豆を扱う専門店もいくつかあり、お店の方おススメのコーヒー豆を買うこともしばしば(ちょっとお洒落な感じじゃないですか:笑)。ボダムの計量スプーンではコーヒー豆を計量出来ないので、ついでに豆用の計量スプーンまで買ってしまいました(苦笑)

フレンチプレス (1).JPG

こちらも定番のKalita(カリタ)のものです。コーヒー豆の袋に入れっぱなしになることを想定して、スプーンの柄が短いタイプをセレクトしました。これで軽く山盛り1杯をミルに入れて粗挽きすると7gのコーヒー粉になります。結構使いやすくて買って良かったなと思います。

フレンチプレスは後片付けがコツを得るまで結構面倒ですが、美味しいコーヒーがある生活はちょっとだけ日常を豊かにしてくれます。フレンチプレスはキッチンカウンターに出しっぱなしにしていてもインテリア的にもOKなのでおススメです。日常を少しだけグレードアップする素敵なフレンチプレス、使ってみてはどうでしょうか。

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

  • 出版社/メーカー: Bodum (ボダム)
  • メディア: ホーム&キッチン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0