So-net無料ブログ作成
検索選択

夏特有のピンチ バラの水切れダメージの応急処置 [ガーデニング]

水切れを起こしたバラの回復を信じて

今週は3日間の出張がありました。その間我が家のバラ様達が水切れを起こさないように色々な道具を駆使して対策をしていったのですが、やはり夏場に弱いキャトルヴァン嬢が水切れの症状でぐったりとした姿に!!??あぁ、なんてことだ・・・(涙)。今朝は早起きしてキャトルヴァン嬢の救出作戦を敢行です。

バラに限らず植物を育てている愛好家にとって、夏の水遣りは永遠の宿命です。外出で水遣りが上手くできかったり夏の日差しが強すぎて根が傷んでしまい、結果的に水を吸い上げる力が弱くなって水切れを起こしてしまうということも良くあります。黒星病の気配はないけど葉っぱが黄色くなってきて落ちだすといった症状が出てきた時は、見つけた時から約1週間から10日位前に水遣りで何らかのエラーがなかったか思い返しましょう。雨が降ったから水遣りをしなかった、なんて時にこういった症状が出ます。こんな時に一縷の望みをかけた鉢植えの場合の応急処置方法をご紹介したいと思います。今朝私が実際に朝6時から行った作業です(笑)

1)水切れしたと思われる鉢植えをお風呂場に移動し、葉に水をかける。

バラ_水切れ回復法 (1).JPG

徹底的に葉っぱの表裏両方からシャワーを浴びせます。勿論冷たいお水です。葉ダニが発生しやすい時期なので、葉っぱの裏側に結構な水圧でシャワーをかける(シリンジ)と葉ダニも一掃できますよ。まだ葉が緑色をしていても、これから黄色く変色し落葉するだろう葉はシリンジの圧に負けて落ちます。

バラ_水切れ回復法 (3).JPG

バラ_水切れ回復法 (2).JPG
この辺の葉っぱは既に色素が薄くなっていて、将来落葉するのでこの段階でとっちゃいます。葉ダニの被害が今回は確認出来なかったので浴室にもってきましたが、葉ダニの姿を確認したり、生理的に鉢植えを浴室に持って行くのは無理という人は勿論外でもOKです。現在私が住んでいる社宅はベランダに水道が無い為お風呂場で作業となりました。全部作業が終ったらお風呂掃除を念入りにすることを忘れずに。

2)鉢の一回り大きな容器を準備

バラ_水切れ回復法 (4).JPG

弱っている鉢植えのバラ様に徹底的に水を吸い上げてもらうために鉢ごと水につけます。其の為に鉢より一回り大きな入れ物を準備しましょう。我が家のランドリーバスケットに以前住んでいた市の指定ゴミ袋(大)をかぶせます。10号鉢の場合はこれでバッチリです。この段階ではまだこの中に水は入れません。

3)鉢植えを2で用意した入れ物に入れる

バラ_水切れ回復法 (5).JPG

よっこらしょと鉢植えを移動し、2で用意した容器の中に入れ込みます。サイズ感ピッタリで我ながら感動。次に忘れてはいけないのが、今回の作業で一番重要なポイントになる潅水です。

4)植物の活力剤メネデールで腰水!!

元気のない弱った状態の鉢にいきなり液体肥料などを上げると逆効果になるので、今回の様な場合は活力剤(メネデール)を使います。このメネデールを既定の薄さに希釈した水をバスケットの中の鉢にドンドン注いでいきます。

バラ_水切れ回復法 (6).JPG

お風呂場でかなり水分を含んでいるのですぐに鉢底から水が流れ出し、バスケットの中に溜まっていきます。バスケットの1/3~半分の位置に水嵩が来るまで注ぎましょう。この「メネデールに鉢ごとドボン」が超効きます。

5)日陰で半日~1日様子をみる

このまま腰水状態で半日程度放置してください。この時のポイントは絶対に太陽に当てないこと。中の水の温度が上昇し、大変な事態になります。建物の東側等夏の日差しが当たらない日陰に移動し、十分に株を休ませてあげましょう。ちなみに我が家のベランダはゾッとする程直射日光が当たるため、日陰になるまで室内にこのまま置いてあります。急激な温度変化もバラ様には良くないので、夕方陽が陰って気温が落ち着いてきたらまたベランダに戻してあげる予定です。10時間くらい潅水させることになりますね。できれば翌日も太陽に当てるのはやめて日陰で休ませてあげましょう。

これで緊急対応は終了です。もし株に回復するだけの体力が残っていた場合は水切れによる被害はある程度止めることが出来ますが、対応が遅れたり株が弱ってしまっている場合は回復が難しい場合もあります。これは運次第です(断言)。ただ一つだけ確実なのは「やらないより、やった方が良い」ということです。活力剤メネデールはこういった時は勿論のこと、夏でこれから株の体力が落ちてきた時に大活躍すること間違いなしなので、絶対にガーデニングを楽しむ人にとってはマストアイテムです。これまで愛情を込めて大切に育ててきた花々をそう簡単に諦められるわけがありません。今年の夏は例年以上に暑い夏になるということで、水切れとの戦いになりそうです。皆さんも大切な植物が水切れを起こしていそうな場合は、この「メネデールにドボン作戦」やってみてください。重い鉢を移動する時は腰に注意してくださいね!

メネデール メネデール2L

メネデール メネデール2L

  • 出版社/メーカー: Yi-style
  • メディア:

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0