So-net無料ブログ作成
検索選択

予想を超える出来栄えに感激「美女と野獣」 [映画]

ディズニーの本気にやられた!!

ゴールデンウィーク中に公開中のディズニー映画「美女と野獣」を見に行って来ました。「美女と野獣」と言えば、私の世代はど真ん中で、普遍的な物語は誰もが愛するアニメ映画の代表です。今回そのアニメミュージカル映画をディズニー自らが実写化するということで期待半分、怖さ半分で見てきました。感想は

ディズニーやるじゃない(感涙)

オリジナルのアニメは確か1時間ちょっとでしたので、アニメでは描かれなかったエピソード(ベルのお母さんの下り等)が挿入されて、物語に厚みを加えていました。そしてディズニー最大の持ち味である豪華すぎるCG。本当に演出方法を熟知している上にお金かけまくっているだけあって見せ方が本当に上手ですよね。主人公ベル役をやったエマ・ワトソンも想像以上の歌唱力で熱演。ハリー・ポッターのハーマーオニ―役のイメージが強いですが、よくよく考えるとベルとハーマイオニーはキャラクター的にも被るので見ていて違和感ありませんでした!ちょっと変わり者のだけど勇敢な美人の役はエマの得意な役ですね(笑)

色々と良かった点は沢山あるのですが、一番良かったのは音楽!!原曲が名曲ばかりなので、これをどうアレンジし新曲を追加していくのか凄く大変だったと思いますが、オリジナルに負けない素晴らしい音楽でした。出演しているアーティストの顔ぶれを見てもディズニーの本気度を感じます。セリーヌ・ディオン(アニメーションのテーマソングは彼女が歌っています)、ジョン・レジェンド、アリアナ・グランデ・・・実に豪華です。中でも特に野獣初のバラード「Evermore」は最高。


劇中の野獣役ダン・スティーブンも良かったですが、エンドロールでジョシュ・グローバン版が聞けます。いや、もうこれ最高。あまりにも良かったのでAmazonでサントラをポチっちゃいましたよ(汗)この曲を聞いてミュージカル映画の傑作「オペラ座の怪人」に並んだ!と思いました!!

美女と野獣のオリジナルが好きだけどまだ映画は見ていないという人は今すぐ映画館にGOです。期待を越える世界をディズニーはしっかり作り出してくれました。素晴らしい音楽と輝く世界、そして心が躍る素晴らしい作品になっているので安心して劇場に行ってください!!

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック - デラックス・エディション-<英語版[2CD]>

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック - デラックス・エディション-<英語版[2CD]>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。