So-net無料ブログ作成
検索選択

ハミルトン、盤石のレースで中国GPを制す [フェラーリテイスト満載のF1]

やっぱりハミルトンは速くて強いな

F1中国GPが開催されました。ちょうどインターネットを徘徊していたところSky TVのLive streamingが見れるサイトがあり、それで土曜日の予選を見ていたのですが、肝心のレース本線は所用で出かける用事があり見ることが出来ずF1公式サイトのハイライト映像で確認しました。

結果は優勝がメルセデスのハミルトン、2位がフェラーリのベッテル、3位が怒涛の勢いで順位を上げてきたレッドブルのフェルスタッペンでした。中飛びのハイライト映像だと全部が分からないのですが、全体を通して感じたのが、メルセデスのハミルトンは今年も強いということでした。途中、予選で大クラッシュをしたザウバーのジョビナッツィが本線でも同じように大クラッシュをしてセーフティーカー投入とレースの転機を作ってくれました。このセーフティーカー先導中、まさかのボッタスが運転ミスでコースオフしくるくる回っているうちにどんどん順位を落とし、そのまま表彰台を逃してしまいました。それまでは良いペースで走っていただけに残念です。色々と書きたいこともありますが、今回のレースは総じて普通かな。

ジョビナッツィの予選のクラッシュはストリーミングで見ていたのですが、同じようなクラッシュを2日連続でするのは頂けないなと思っていると、なんと彼はフェラーリのリザーブドライバーじゃないですか!!??ちょっとフェラーリファンとしては心配だわ・・・。そして同じく心配なのがライコネン。今回はタイヤではなくパワー不足を嘆いていたようですが、同じマシンのベッテルよりもパフォーマンスが悪かったです。予選からいまいちでしたが、現場介入型の現会長マルキオンネ氏の忍耐が切れたっぽいです(汗)。元ワールドチャンピオンでもパフォーマンスが悪いドライバーは一瞬で切りそうなマルキオンネ会長なので、来年もチームに残りたいなんて言っている場合ではなく、次回のバーレーンあたりでベッテルを越える働きを見せないとシーズン途中でライコネン切られそうです。個人的にはライコネンがいなくなっても問題はないのですが、リザーブドライバーはジョビナッツィだと希望が持てない・・・(汗)。何度も言っていますが、本当にビアンキがいてくれたらと思います。

さ、次戦は今週末のバーレーンです。この砂漠のサーキットは熱と埃(砂塵)が舞い散るエンジンに過酷なサーキットです。メルセデス勢が早くもシーズンを先導する結果になるのか、それとも他のチームがそれを阻止できるのか、そして我らがマクラーレンホンダは完走出来るのか、少しでも改善されることに期待したいと思います!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0