So-net無料ブログ作成
検索選択

PCにはプライバシーフィルターを一緒に持ち込もう [SLE検査&治療入院体験]

プライバシーフィルターは必需品です

入院中ノートPCを病室に持ち込む人が多いと思います。実際私も私物のPCを待ちこんで入院生活を送っています。実際にPCを使うシーンは検査の待ち時間だったり、就寝までの時間に動画や映画を見たり、朝食後検査が始まるまでの間音楽を聞いたりとほぼ朝から夜までPCの電源は入れっぱなしです。そんなパソコン依存症のような入院生活中に活躍してくれているのがPCのプライバシーフィルター、15.6インチ用の3Mの「セキュリティ プライバシーフィルター」です。


3M セキュリティ プライバシーフィルター ノートPC用 PF13.3W9 S-SP個室の場合人の出入りがある程度限られてきますが、大部屋の場合結構色々な人が頻繁に出入りし、PCで何をしているのか興味を持つ人が多いです。勿論「仕事なんてしてないよね!」と確認する回診時の先生達。「何しているの?」と血圧を測りながら画面を覗いてくる看護師さん、お喋り好きな掃除のおばさんに薬の説明にくる薬剤師さん等々、病院関係者だけでも患者一人につく担当者が多く、大部屋になると関係者も当然増えてくるので当然PCを覗かれる可能性が高くなります。入院時に病室内で見られてマズイもの(サイト?)は見ないと思いますが、仕事のメールやプライベートのメールを見られたりするのはあまり良い気分ではありませんよね。それに入院中のお小遣い帳(コインランドリー代や飲み物代等)をつけているので、収支を覗かれるのもちょっと嫌です。

以前モバイルワーカー(出張族)でもあったので会社のPCには常に同じ3Mのセキュリティフィルターがつけられていたのですが、これまで個人のPCを持ち出すことはあまりなかったので今回の入院が決まって初めて自分のPC用に購入しました。心配し過ぎと感じられる方も多いと思いますが、病院内でのセキュリティは気合を入れて対策した方が絶対に間違いありません。

セキュリティーフィルターを設置後は正面に座る限り全く視認性に問題は発生しませんが、少しでも左右に首を振ると画面が黒くなって全く見ることが出来ないので、隣のベッドの人から見られる心配は皆無です。黒いフィルターなので当然全体の見え方が暗くなりますが、ディスプレイの光度を上げれば問題なしです。変なハレーション(干渉)もありませんし、色の見え方が変わることもなく映画を見ても違和感はありません。

先にも書いた通り病院にPCを持ち込む場合は泥棒対策から個人情報の対策を含めて本当に気を付けた方が良いです。私も同室の方達が出払っていたこともあり、お風呂上りにカーテンを開けてPCを使っていた時に作業服を着た不審な男性2名がスッと病室に入ってきました。すぐに私に気が付いて「失礼しました」とそそくさといなくなりましたが、明らかに不審者でした。病院関係者は皆さん同じ身分証明書をつけているのですがその人達は入館証すら着けていませんでした。多分作業員を装った病棟泥棒ではないかと怪しんでいます。火事場泥棒バリの卑劣な犯行は絶対に許せません。自分の身を守るので自分です。しっかりと防衛策を講じて安心して治療に専念できるようにしたいものです。もちろん、PCにはセキュリティロックも忘れてはいけませんよ!

3M セキュリティ プライバシーフィルター ノートPC用 PF13.3W9 S-SP

3M セキュリティ プライバシーフィルター ノートPC用 PF13.3W9 S-SP

  • 出版社/メーカー: 3M(スリーエム)
  • メディア: オフィス用品
ケンジントン セキュリティロック Combination Laptop Lock MC64673

ケンジントン セキュリティロック Combination Laptop Lock MC64673

  • 出版社/メーカー: ケンジントン
  • メディア: Personal Computers

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

arkstar

最近のノートPCは、広視野角が基本なので、ほぼ真横でも表示されてる内容見えちゃいますよね。

それにしても作業着の不審者は気になりますね。
asさん検査とかでベッドから離れる時には、施錠をしっかりとです。
by arkstar (2016-09-24 19:16) 

as

>arkstarさん、ようこそ!!広視野角は本当に便利なんですが、こういった時にちょっと不便だったりしますね。

不審者ですが、すぐにナースステーションに通報しました。すぐに病棟内に不審者情報のアナウンスが流れましたが、本当に泥棒だったら許せませんね。持ち物全部に施錠は欠かせず、油断できません!
by as (2016-09-25 09:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。