So-net無料ブログ作成

朝摘みラベンダーでドライフラワーに挑戦!! [ガーデニング]

ラベンダーのドライフラワーつくりに挑戦!!

5月は週末ガーデナーにとってとにかく忙しい月です。美しい草花が一斉に咲き誇る時期なので、庭にいる時間も長いですし(気が付いたら結構焼けてる!!)、美しい花が咲いた後には花後の手入れもあるので大変です。今朝は少し早起きをしてラベンダーの収穫をしました。我が家の玄関に植え込みに植えたラベンダー(グロッソ)が芳しい香りを株全体から放ちながら美しい花を付けているので、ドライフラワーにすることを思い立ったんです!!ラベンダーのドライフラワーは小さい頃に北海道の富良野に家族旅行で行った時の体験教室以来。えーと、既に20年以上も前だわ・・・汗。やり方もすっかり忘れていたので、事前にネットで調べて簡単に出来ることが分かったので早速作ってみることにしました。

ラベンダーの収穫は朝の早い時間に。香りが一番強く出る早朝に摘むことがドライフラワーにした後も長く香りを保つ秘訣だそうです。早速脇芽が出ている節の上からザックザックと摘んでいきます。

ラベンダー_ドライ (1).JPG
1株だけど結構な収穫になりました

えーと、ここからの作業工程は、

  1. 葉を取る
  2. 乾燥しやすい様にめとめて束にする
  3. 乾燥させる

とたったの3ステップと、簡単すぎる程簡単です。本格的に楽しみたい人には乾燥材、例えばシリカゲルを使う方法や冷蔵庫、電子レンジに入れる方法などもあるようですが、初心者の私は古来から続く伝統的な自然乾燥で挑戦です。幸いにも今週関東地方は雨の予定もないので、窓辺に干しておけば一週間で水分も飛んで綺麗なドライフラワーになるのではないかと見込んでます。

早速葉をむしって長さが揃うように束に分けてみました。

ラベンダー_ドライ (2).JPG
一束の量が多いのは大雑把な性格の表れです(笑)

我が家で育てているグロッソ種はラベンダーの香りが花だけではなく葉や茎からもする素晴らしい芳香種です。葉っぱを捨ててしまうのは少し勿体ないですが、今回はこのまま葉っぱは捨てることにしました。ちなみにこぼれてしまった花や葉っぱをドライにして袋に入れると匂い袋(サシェ)になります!!これを箪笥の中に入れおくとハンカチやベッドリネンなどにラベンダーの香りが移って癒し効果抜群ですね。これからの梅雨時から夏は匂い対策が重要なのでちょうどいいかもしれません。特にベッドリネンに使うとラベンダーの香りの効果の一つ安眠効果に期待出来そうです。

ラベンダー_ドライ (3).JPG
オシャレな紐で皆さんは縛ってくださいね(汗)

これで完成です!!後はこれを日陰の風が良く通る場所に吊るして一週間程様子を見て水分が完全に抜けていれば完成です!!私はベッドボードの横に吊るしていますが、この段階で香りが凄い!!枕元なのでこれで不眠症対策にもなって一石二鳥ですね。

ポプリや匂い袋にする場合、ラベンダーのアロマエッセンスを入れるなんてありますが、香りが強いグロッソはラベンダーが持つ本来の香りだけで十分です(品種選びを花屋さんでした時に店員さんに言われた通りでした!育てやすく良く増えて香りも抜群。素晴らしいラベンダーです)。来年も収穫できるので上手くいけば来年新しいラベンダーで作り直すことが出来そうです。小さなラベンダーのドライフラワーは乾燥後にサシェにして弟の箪笥のハンカチコーナーに行くことが決定です。まだまだ新しい蕾を上げているのでもう一回位収穫できそうな我が家のラベンダー、今後もお手軽オーガニック生活でナチュラル感を演出するのに一役かってくれそうです♪


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

亀山太郎

写真はグロッソではなく!イングリッシュ系では?!
by 亀山太郎 (2017-06-13 21:53) 

as

>亀山太郎さん、ようこそ!!一応ラベルにはグロッソと書かれていたので間違いはないかと思うのですが、園芸屋さんでもレベルがテレコになってしまったりすることはあると聞いているのでもしかしたら間違っているかもしれません(汗)ちょうど2年前に作ったドライフラワーはまだ実家の私の部屋に吊るしてあります。流石に香りはもうしませんが香りが長持ちした記憶があります。
by as (2017-06-14 20:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0