So-net無料ブログ作成
検索選択

号泣注意報「アルジャーノンの花束を」ダニエル・キース [本]

天才って、幸せなのだろうか?

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫) 主人公の感情に引きずられ、主人公の思いにシンクロし、時には涙を流し、絶望し、悩み、苦しみ、そして怒りを覚える・・・そんな読み手を物語の世界に引き込む強力な引力を持った本は世の中あまりないと思いますが、ダニエル・キースによって世に送り出された「アルジャーノンに花束を」という本は、あらゆる賛辞をもってしてもその素晴らしさを表現することが出来ない名作中の名作です。

この本は「人工的に知能を上げることができたら」という作者の思いから産み出されたもので、世界的ベストセラーでもあります。きっと読んだことがある人も多いと思いのではないでしょうか。早速あらすじを紹介したいと思いますが、私の要約よりも本の裏表紙に書かれている紹介文のほうが物語を的確に表現しているので、そちらを紹介したいと思います。

「32歳になっても幼児の知識しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞い込んだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが・・・超知能を手に入れた青年の愛と苦しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書」

物語は白痴の青年チャーリイの経過報告(日記)という形で進んでいきます。手術を受けるまでは、全てひらがなで「は」と「わ」の使い方がごっちゃになっていたり、句読点がなかったりと、全体的に読みにくく慣れるまで少々時間がかかりますが、チャーリイが手術を受けた後の文章(経過報告)は、日々使用する漢字が増えていき、チャーリイの考えることや成長していく過程を文章を通じて感じることが出来ます(この経過報告の文体も物語を通して重要なポイントになっています)。この翻訳を担当された小尾芙佐さんの素晴らしい日本語力には脱帽です。

誰もが一度は”天才になったら幸せになれるに違いない”と思ったことがあると思いますが、その夢の扉を開けたチャーリイは、知能指数が上がっていくことによって知りたくない事実まで知ることになります。例えば、パン屋の仕事仲間であり友人だと思っていた人々の自分に対する行動が、実は白痴の自分をバカにしていただけのものだったり、忘れていたはずの家族との悲しい過去の思い出を・・・。高度な知能によって突然フラッシュバックのように現在に釣り上げられてくる悲しい過去と向き合うことになるチャーリイの姿をみて、人間の脳が持つ”忘却”というシステムの素晴らしさを感じずにはいられません。

念願叶い天才へと変身したチャーリイですが、急激な知能の上昇についていけなかった感情が暴走し、色々な問題を起こしながらも、苦しみと孤独の中で”チャーリイ・ゴードンが出来る人類への貢献”として経過報告を書き続け、この実験結果をまとめていきます。最終的にこのチャーリイとアルジャーノンに施された知能上昇の手術がもたらした結果は余りにも悲しいものですが、この現実を受け入れ、チャーリイが決して逃げることなく自分自身を向き合っていく姿が描かれる物語の後半は涙が止まらなくなること間違い無しです。

人間とは何か、人として大切なものは何か、知識とは何か、感情とは何かという大きな課題に真正面から取り組み、それを変わりやすく書き記したものがこの「アルジャーノンに花束を」だと思います。とても重い問題を扱っている小説ですが、人生で一度は読むべき本の一冊としてお薦めしたいと思います。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

  • 作者: ダニエル キイス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 新書
Flowers for Algernon

Flowers for Algernon

  • 作者: Daniel Keyes
  • 出版社/メーカー: Mariner Books
  • 発売日: 2004/06/14
  • メディア: マスマーケット

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 4

トールバズ

人間は忘れることが出来る・・・喜びも苦しみも悲しみも
だから僕はもう一度、いや何度でも走ることができるんです

間寛平
by トールバズ (2010-10-14 02:59) 

as

>トールバズさん、ようこそ!!名言ですね・・・。深いな。
by as (2010-10-14 21:27) 

テレマーカー

忘却と言うのは悲しい側面と、必要な側面、両方ありますよね。
忘却が過去を過去のものとしてしまう悲しみ、忘れ得ぬ事で過去が現在進行形で存在する苦しみ。
忘れる事が良かったのか、記憶に留める選択が良かったのか、私にとってはどちらも苦しみ。
同じ苦しむなら、私は忘れぬ方を取る。
その「時」を共に過ごし、共に生きた、全てのものの為に。

矛盾していますよね。立場としては「忘却は必要」としているのに、自分は「記憶」を取るのですから・・・。
私の思想のキーワードが記憶なのでつい・・・。
「記憶」だけでいくらでも詩(ことば)が出てきます・・・。
by テレマーカー (2010-10-15 02:27) 

as

>テレマーカーさん、ようこそ!!私もテレマーカーさんと同じように感じています。辛いことを忘れることによって得る苦しみ、忘れることが出来ない苦しみ、両方とも比較できない苦しみですよね。

忘却とは、人間の脳は一度覚えたことは忘れないが、記憶を引き出すことが難しくなることによって起きる現象だと何かの文章でよんだことがあります。記憶喪失の人が匂いや味などで、記憶を思い出すことがこの現象の証拠だとか。真偽の程は不明ですが、私は忘れてしまってもいつでも思い出すことが出来るように、日記を書いています(記憶を呼び起こすトリガーとして)。日記が切っ掛けとなり、忘れていたことを思い出すことできるので、私にとってとても重要なことです。
by as (2010-10-17 11:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。