So-net無料ブログ作成

「腸痙攣」人生で断トツの痛さを体験 [つれづれ日記]

脂汗ダラダラ、い、痛い~!!

先日「腸痙攣」なる症状を人生で初めて経験しました。消化器系の痙攣というと「胃痙攣」が有名ですが、この「腸痙攣」も差し込むような痛みで、片足をあの世に突っ込んでしまったかと思うくらいの激痛!!脂汗ダラダラ、歩行不可、吐き気までしてくると、「あぁ、このまま死ぬのかなぁ~」と気弱なことを考えちゃうくらい。何の誇張も抜きに、これまで経験したありとあらゆる痛みの中で断トツの1位の痛さです。

その日は朝から下腹部に差し込むような痛みを感じていたのですが、耐えられない痛みではなかったので、そのまま我慢して仕事を継続(今考えるとこれが良くなかった)。冷房の効きまくった部屋の中で、一人汗を流しながら仕事をするものの、鎮痛剤を飲んでも痛みが収まらず、夕方には体の芯をナイフで抉るような痛みへと変わり真っ直ぐ歩くことも出来ないくらいに!!

終業時間の少し前に保健室に雪崩れ込み、横にならせてもらうも、自宅まで2時間オーバーの通勤の為、根性で帰って翌日病院に行くよりも会社近くの病院で見てもらった方が良いと判断し、そのまま病院を紹介してもらい、麹町のクリニックまでタ即行でタクシー移動です。そこで採血検査(盲腸かどうかの判断材料)などをしてもらい、出された病名が「急性腸痙攣」。初めて聞く名前に唖然としてましたが、我が家は父が胃痙攣持ちなので、それの腸版という説明を聞いて「あ、あれね~」と変に納得。

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]結局、筋肉の痙攣を抑える薬と整腸剤、熱さましに鎮痛剤と薬をいくつか処方してもらい、隣の薬局でその場で服用。薬が効くまで休ませてもらい、30分ほどで痛みも引き動けるまで復活。このチャンスを逃したら大変と一気に特急で自宅に帰りました。通常はこの症状に下痢が加わるそうなんですが、それが無かっただけでもラッキーでした。

しかし、この腸痙攣、洒落にならない痛さです・・・。もう二度と御免です。翌日は「仕事禁止」の先生の言葉を謙虚に聴いて、会社はお休みを貰いました。今回診てもらったおじいちゃん先生曰く、急性腸炎(腸痙攣)も胃痙攣もこの時期に比較的多くなる病気の一つだとか。しかも一度なると癖になりやすいので常日頃から生活習慣に気を付けるのが大切とのことです。無難ですが、整腸剤をお守り代わりに飲んでおくと良いとのこと。ビオフェルミンはお腹が弱い人には大切な精神安定剤ですね。先生からは下の三か条をしっかり守って、乗り切るべしとのことです。

 ・梅雨のこの時期は体力が落ちていることを忘れない
 ・疲労とストレスが蓄積されると発症するから無理はしない
 ・痛みは我慢せず、病院に行くこと

この地獄のような体験は、絶対に他の人にはしてもらいたくないので、この梅雨時、ちょっと体調悪いな~と感じたら、我慢をせずに直に病院にいくことをオススメします。皆さん、本当にお気をつけてください!!

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

  • 出版社/メーカー: 武田薬品工業
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

  • nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:健康

    nice! 9

    コメント 12

    テレマーカー

    多分経験無いですけど、痛そう・・・。
    胃痙攣も相当に痛苦しいみたいですね。
    多分と言うのは、小学生の時にものすごい腹痛に見舞われた経験はあるので。
    位置的に盲腸でもなく、1時間汗をかいて耐えた思いがあるのを思い出しました。
    by テレマーカー (2010-07-02 16:04) 

    かつぽん

    丈夫な人なんで良くワカランのですがw
    とにもかくにも、おだいじに〜♪♪
    by かつぽん (2010-07-02 17:27) 

    みみちゃん

    こんにちは。
    なんと・・・・・・大変な経験をされたんですね;;;。
    ちょっと調べてみましたが・・・・・・、
    ------
    憩室は腸の筋肉層のれん縮によって起こると考えられています。
    この腸けいれんの原因は不明です。
    しかし、繊維質が少ない食事や水分の摂取不足と関連があります。
    腸けいれんによって腸壁に圧力が加わる結果、腸壁の弱い部分、通常は大腸の筋肉層を貫通する動脈の付近にふくらみができます。
    憩室症では、普通はS 状結腸の筋肉層が厚くなっているのが見つかります。
    巨大憩室の原因はよくわかっていません。
    (ttp://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec09/ch128/ch128b.html)
    ------
    ・・・・・・だそうです。
    食事や水分にも関係があるみたいですね・・・・・・。
    お大事に!
    by みみちゃん (2010-07-03 12:05) 

    as

    >テレマーカーさん、ようこそ!!この痛さは言葉では表現できない痛さでした・・・もう二度と御免です。小学生の頃に辛い腹痛の経験ありということなので、もしかしたら似た症状だったかもしれませんね・・・。コメントを読ませていただいた限り、一度だけみたいで安心しました。でも小学生の頃で、それほどの腹痛とはかなり厳しい体験になってしまいましたね。
    by as (2010-07-03 16:28) 

    as

    >かつぽんさん、ようこそ!!丈夫が一番です。こんな苦しみ、お金を貰っても断ります。今は再発の兆候もなく、これから頻発するようなこともなさそうなので良かったです。
    by as (2010-07-03 16:30) 

    as

    消化器系はストレスと食べ物によって病気が起こりがちなので食べ物から気をつけないといけないと思っています。やはり体力が低下する夏場は冷たいものばかりではなく、温かいものを食べ、体をいたわろうと改めて心に決めました。
    by as (2010-07-03 16:32) 

    Tomo

    大変でしたね。私はあまり病気と縁がないためか、これまであまり激痛を感じたことがなく、想像できませんが、読んでるだけで痛そうです。
    なかなか注意しようがないところもあるような気もしますが、お互い気をつけましょうね。
    そうそう、今麹町で仕事をしているのでどこの病院か気になってしまいました。
    by Tomo (2010-07-05 02:00) 

    as

    >Tomoさん、ようこそ!!この苦しみ、絶対に味わうものではありません。Tomoさんもお忙しくされていらっしゃるので、体には十分に気をつけてくださいね。病院は麹町の日本テレビ通りクリニックで、読んで字の如く、日テレの後ろにあります。職場が麹町ということなので、もし具合が悪くなったときは、ここに病院があるということを知っておくだけでもかなり違いますよ。お世話にならないのが一番ですが、緊急の際には迷わず、病院へGo!!です。
    by as (2010-07-05 20:53) 

    NO NAME

    こんにちは。
    胃腸の痙攣で検索中このブログにたどり着きました。
    思えば10代の頃から胃腸が弱く学校につくなり保健室へ、という事もざらにありました。まさにここのブログに書かれている症状そのものでストレスによる吐き気と下痢、そして気絶するくらいの痛みです(汗)そうした症状(悪魔)が10年ほどの間に定期的にやってきてはたまらず救急車を自分で呼んだ事も数知れずです。先日それがピークに達したのか、猛烈な痛みでトイレに駆け込み下痢の症状とともに真っ赤な鮮血。さすがにもう死ぬかと思いました。這うように携帯を手に取り病院へ。診断結果は大腸炎。どうも血が出るというのはガンの可能性もあったらしく、病院に着いて診断するなり「即入院です、よくここまで我慢してましたね。」と言われました(笑)今は元気ですがまた『奴』がやってくるのが怖いです。あの痛みはなった人しかわからないですよね、ホント。風邪でもひいた方がはるかにマシです(笑)
    by NO NAME (2013-08-24 18:09) 

    as

    >No nameさん、ようこそ!!これキツイですよね。下血がある場合は大腸がんの可能性があるので無理せずしっかり治してくださいね。私の場合は派手な症状はその後無いのですが、やはり時々症状が出てくることがあるので、治ったと言えども常に注意してこの悪魔を退治してやりましょうね。我慢は禁物、頑張りましょうね!!
    by as (2013-08-24 20:51) 

    お名前(必須)

    先日私も腸が痙攣しました。10年ぐらい前にもなりました。癖になりやすいのですか?原因がはっきりしないので、怖いです。あの痛みは陣痛と同じです。2度とも点滴で収まりましたが、あなたは長い時間よく我慢されましたね。
    by お名前(必須) (2017-01-21 21:53) 

    as

    >お名前さん、ようこそ!!点滴とは大変でしたね。私はそこまでいかなかっただけ幸せでした。これ以降発作もなく無事に過ごせているので幸せです。二度とご免ですね、あの痛さ。
    by as (2017-01-30 20:56) 

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0