So-net無料ブログ作成
検索選択

モンツァはフェラーリの聖地ですから [フェラーリテイスト満載のF1]

シーズンで一番熱い、フェラーリバ魂炸裂の祭典!!

混迷を続けるF1も、ヨーロッパ最終戦となるイタリアGPが開催されました。このイタリアGPが終わると、シンガポール、日本と遠征が続き、シーズン終了。我らがフェラーリも、これまで散々低迷を続けてきましたが、やはりモンツァはフェラーリの聖地。観客もフェラーリに魂を売り渡した馬鹿ども、熱心なファンばかりです。

そんなイタリアGPで優勝をしたのは、ブラウンGPのバリチェロ。2位は同じくブラウンGPのバトン。そして3位は我らがフェラーリの騎士、ライコネンでした!!このライコネン3位入賞も、ドラマがありましたね~。ま、それは後回しにして、今回のフェラーリコーナーです!!

Monza.JPG

マッサの代役(ルカ・バドエル)の代役、フィジケラが今回のイタリアGPからフェラーリに参加。結果は、9位・・・。しかもレース中は全く画面に映らず、良いことも悪いことも何も無かったという、俗に言う最悪のパターンです。前回のスパでは、表彰台にあがるほどの活躍をしたのにも関わらず、全世界のフェラーリファンにとっては、期待はずれも甚だしいです(怒)

フォースインディアにのしつけて返せ!!

もしくは、

ガンジス川の水を飲め!!

そしてライコネンは、後ろから迫り来るエイドリアン・スーティル(懐かしい~)の追撃をかわし、最後はしっかり3位をキープ。流石です。

そんなライコネンは、実はファイナルラップまで4位を走行。しかし、ドラマはファイナルラップに起こったのです!!フェラーリファンの嘆き、祈り、叫びなど色々なものが天に届いたのか、3位を走っていたマクラーレンのハミルトンが、それまでの完璧な走りからは想像できないクラッシュにより突然のリタイア。そのままライコネンが3位にスライドで上がったというもの。

これぞフェラーリ呪怨マジック!!

モンツァという聖地だけあり、我らがフェラーリ帝国の始祖にして神である、エンツォ・フェラーリ様のご采配により、このような奇跡が起こったのです!!ハミルトンには悪いけど、神様、ありがとう!!今年あらゆる物に見放されてきたフェラーリファンをお救い下さる為に、聖地でこのような奇跡を起こしてくださるとは(感涙)これで、単純なフェラーリファンは、来年もフェラーリを愛することを固く心に誓いました。神は、我々を見捨ていなかったのです。

フェラーリ万歳!!

次回はシンガポールのナイトレース。シンガポールGPというと、今ルノーをクビになったピケJr.の件でもめていますが、果たしてこちらの行方もどうなるか目が離せませんね。次戦が待ち遠しいです!!

*写真はBBCより転載しました

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0