So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

祝!退院決定 明日退院できることになりました [SLE検査&治療入院体験]

退院日決定!

金曜日に主治医の先生と検査結果の概要と病状の説明を聞き、今後の治療方針の確認をし無事に退院できることになりました。退院日は明日の月曜日に決定です!

結果から言うと病名が2つ追加になりましたが今更増えたところで大差ありません。主治医の先生も難治の病気で一生涯付き合わなければならないとなると精神面でダウンしてしまう患者さんが多く、その点を非常に気にしてくださっていましたが、先生からの告知に対しては「そうですか」で終了です。今更騒いでも何も始まりませんしスッパリと割り切って、最善の方法で付き合っていくしかありませんからね。ちなみに追加になった病気はこれまたニッチな病気です。

  • シェーグレン症候群(乾燥症状が出る特定疾患。膠原病)
  • 橋本病(甲状腺の病気でバセドウ病の反対)

この2つとも今回入院したメインの病気「全身性エリテマトーデス(通称SLE)」に合併しているそうです。これら3つの病気は自己免疫疾患なので親戚みたいなものだと考えると合併をおこしても不思議ではありませんし、仕方ないですね。幸いにも内臓への影響はそんなに深刻ではなく色々条件は付くものの薬をしっかり飲んでおけば日常生活は普通におくれそうです。勿論無理は禁物ですが、無理しようと思っても体調悪い時は全く動けないので無理しようがないんですが(苦笑)

来月からは一応会社に復帰しても大丈夫とお墨付きをもらいましたが、制限が多くてちょっと会社側との交渉が大変そうです。膠原病に限らず病気を一度してしまうと、それ以前と同じ業務をこなすのは限りなく難しくなります(単純骨折などは別ですが)。特に慢性かつ進行性の病気の場合は会社、特に職場の理解が欠かせません。私もこの病気が発覚してから業務内容を変更してもらい会社にはかなり配慮してもらい感謝しています。ですがいつまでもこの状態を維持できる保証はありません。いつか働くことが出来なくなる日が来ることも想定しないといけません。その時にどうするか、プランBの検討も始めなければいけないと考えています。う~ん、自宅で出来る副業でも探すかな?出来ないことを数えるよりも、出来ることを数えた方が人間は幸せになれます。

まずは明日で病院から自宅に帰れます。入院中は看護師さん達に本当に良くしていただき、上げ膳据え膳で体調も一気に回復しましたがやはり自分のベッドが一番です。これからは以前と同じ1か月に1度の通院で様子を見ていくそうです。多分一番苦しい季節の夏を乗り切ることが出来たので、これからは派手に体調を崩すこともないと思いますが、また病院に戻ってこないように気をつけなければいけませんね。職場復帰に関してはうちのやる気のない人事からの連絡は当分来ないでしょうから、しばらく体力回復に向けてご近所の散歩やスーパーをうろつく等自宅療養したいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

入院時におススメの便利グッズ [SLE検査&治療入院体験]

入院時に持っていきたいおススメ便利アイテム

1週間位の短期入院では身の回りの物が足りなくても売店でありあわせの物を購入したりして乗り切ることが出来ますが、1週間を超える入院となると入院生活にあった方が便利なアイテムが幾つか出てきます。今日は自分の経験からこれは持ってきて正解だった、という物でまだblogで紹介していない便利グッズをご紹介したいと思います。

1、フック付き籠
入院便利グッズ (2).png
私はこれを2つ使っています

身の回りの必需品、メガネやマスク、そしてメモ用筆記用具に本やハンドクリームに気分転換用ハーブティーなど写真に写っていない物もここに入れて収納しています。ベッドサイドに引っ掛けているので病室移動になった際もそのままでOKと超便利グッズです。長期で入院している患者さんは殆どの人が似たようなものを使っています。購入先はもちろん100均です!退院後は自宅の壁面収納に上手く組み込んで使う予定です。

2、食器洗い用スポンジと洗剤、輪っか付き洗濯ばさみ
入院便利グッズ (1).png
使用後は水をよく切ってカーテンレールで干しています

入院時大抵の病院でマグカップとお箸(スプーンとフォーク)を持参するように言われます。お箸は割り箸を大量に持ち込んで使い捨てにすることも可能ですが、マグカップを使い捨てにするわけにはいきません。ご飯の時間に暖かい麦茶が配られるので紙コップだとちょっと大変。お薬を飲むにも白湯が必要ですしマグカップは必需品です(保温性+蓋つきだと完璧♪)。そこで使い終わった食器を洗うのに必要なのが洗剤とスポンジ、そして洗い終わったスポンジを干す洗濯ばさみです。スポンジは退院時に捨てればOK。これらの品は100均よりもドラッグストアやホームセンターの方がお安く売っています。カーテンレールに引っ掛ける場合、回診中の先生や看護婦さんの頭上に水が落ちてこない場所にしましょう(これ結構重要)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

PCにはプライバシーフィルターを一緒に持ち込もう [SLE検査&治療入院体験]

プライバシーフィルターは必需品です

入院中ノートPCを病室に持ち込む人が多いと思います。実際私も私物のPCを待ちこんで入院生活を送っています。実際にPCを使うシーンは検査の待ち時間だったり、就寝までの時間に動画や映画を見たり、朝食後検査が始まるまでの間音楽を聞いたりとほぼ朝から夜までPCの電源は入れっぱなしです。そんなパソコン依存症のような入院生活中に活躍してくれているのがPCのプライバシーフィルター、15.6インチ用の3Mの「セキュリティ プライバシーフィルター」です。


3M セキュリティ プライバシーフィルター ノートPC用 PF13.3W9 S-SP個室の場合人の出入りがある程度限られてきますが、大部屋の場合結構色々な人が頻繁に出入りし、PCで何をしているのか興味を持つ人が多いです。勿論「仕事なんてしてないよね!」と確認する回診時の先生達。「何しているの?」と血圧を測りながら画面を覗いてくる看護師さん、お喋り好きな掃除のおばさんに薬の説明にくる薬剤師さん等々、病院関係者だけでも患者一人につく担当者が多く、大部屋になると関係者も当然増えてくるので当然PCを覗かれる可能性が高くなります。入院時に病室内で見られてマズイもの(サイト?)は見ないと思いますが、仕事のメールやプライベートのメールを見られたりするのはあまり良い気分ではありませんよね。それに入院中のお小遣い帳(コインランドリー代や飲み物代等)をつけているので、収支を覗かれるのもちょっと嫌です。

続きを読む


使い過ぎか!? 愛用のBOSE、QC25死亡。でも大丈夫! [音楽]

Boseの神対応カスタマーサービスに感謝です!!

2014年12月に発売とほぼ同時に購入したBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン「Quiet Comfort 25」ですが、今回の入院に持ち込んだところ壊れていることが判明し入院日初日から色々な意味でメンタルダウンしました(涙)。故障の症状は電池を入れてノイズキャンセルスイッチを入れると、通常緑色に光るはずのランプが点灯しないのです。

Bosc_QC25_Repair (1).png
何故か光らないランプ・・・(汗)

スイッチが入らない状態でも音楽は普通と変わらず聞こえてくるので、純粋にノイズキャンセリング機能だけが壊れたものと思います。最後に使ったのは6月にマレーシアのクアラルンプールからの帰路。この時は全く問題なくノイズキャンセル機能も働いていて、壊れる予兆すらありませんでした。購入してから海外出張と旅行で忙しい時は半年で地球2.5周するペースで空を飛んでいたので使いすぎと言えばそこまでかもしれません(QC25のレビューと社畜っぷりはコチラ)。しかも現在Boseからはこのヘッドフォンの後継機で「ノイキャン+ワイヤレス」のQC35(カナル型のQC30は今年の晩秋に発売予定)も発売されています。新規で買いなおすことも考えたのですが、やはりこのQC25に愛着もあるので直せる物なら直したいと思い、一時帰宅した際にBoseのカスタマーサポートセンターにダメ元で電話しました。その結果、なんと定価35,000円オーバーの商品を

12,200円弱で、新品とまるっと交換してくれることになりました!!

電話がつながるまでちょっと待ちましたが私の対応をしてくれた女性はとても感じが良く、症状を説明した後にいくつか試してみた結果やっぱり故障と判断したようで、現品交換を提案してくれたんです。Boseのカスタマーサポートは神対応で評判が高いですが、噂通りの対応に感謝感激です!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

入院する前に準備する大切な書類関係 [SLE検査&治療入院体験]

入院が決まったらすぐにやること(お金関係)

今回の検査入院では入院決定から入院開始まで約1週間の時間的猶予がありました。その時間を使って入院、特に医療費に関する保険や支払い関係の書類を事前に準備することが出来、万全の体制で入院当日を迎えることが出来ました。事故や急病だと事前準備の余裕なんてありませんが、入院することが決まったらすぐにしなければいけない”お金”に関するところをまとめたいと思います。

  1. 保険会社から保険金請求に必要な書類の取り寄せ
  2. 会社に休職、復職に必要な書類の確認
  3. 保険組合に「傷病手当金」の申請書類の取り寄せと確認
  4. 保険組合から「限度額適用認定証」の取り寄せ

この4つを事前に確認処理することによって、休職中の給与のカバーや退院時の窓口の支払いを一定額で済ますことが出来ます。日本の保険制度はしっかりしているので、自分でしっかりと内容を把握し必要な処理をすることで経済的な負担を大幅に軽減することが出来ます。入院という不測の事態を乗り切る為にもしっかりと確認することをおススメします。ではここから一つ一つを私の事例をサンプルにしてご紹介したいと思います。いざという時に役に立つ情報なので、お時間がある方はお付き合いいただけると幸いです。

1、保険会社に保険請求に関する書類を送ってもらう
現在私は2社の保険商品に加入しています。コールセンターに入院の詳細を説明した結果”手術なしで合計30日未満の入院”というカテゴリーに該当し、保険請求に病院の先生に記入をお願いする書類は不要で、領収書のコピーと請求に必要な保険会社のフォーマットの申請書を退院後記入して郵送すれば保険金が下りることが判明しました。保険会社のコールセンターは親切ですぐに必要書類を郵送で送ってくれます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

マレーシアに行ったら国民的飲料「100Plus」を飲もう! [大好きKL!!マレーシア最高!!]

これを飲めばあなたもマレーシア通「100plus」

マレーシアのコンビニやスーパーで必ず見かける飲み物と言えばコレ!マレーシアの国民的飲料水「100plus」です。本当にどこに行っても必ず見かける飲み物で、シェアはマレーシア国内では多分コカ・コーラやペプシを越えていると思います。それだけ多くの人に愛されている飲み物です。

100_drink (1) -.png
当然空港のラウンジにも常に置いてあります

お味はポカリスウェット+炭酸水と言った感じで、ポカリスウェットの薄味版かな。決して美味しいというわけではないのですが、後味がスッキリ爽快なので灼熱の熱帯地方の東南アジアではこの辺りが好まれて飲まれているのかもしれません。癖になる味と表現するのがピッタリかな。現地の人曰く、風邪をひいた時に100plusを飲めば治る、気持ちが落ち込んだ時に飲めばハッピーな気分になれる、幸せな時に飲めば更に幸せになれると、とにかく100plusを飲んでいればOKということだそうです(苦笑)

100_drink (2) .png
プルタブが青いバージョンの缶

街中のお店ではペットボトルタイプから缶まで色々な種類で売られています。写真に写っているオリジナル味以外にも何種類かあり、クランベリーやオレンジ味などをこれまで見かけたことがあります。多分他にも何種類もありそうな気がします。私は必ず帰国便の待ち時間で名残惜しいマレーシアの味を最後に味わうために必ず100plusを飲んでいます(笑)この100plus、日本では見かけたことが無いのですが、見たことある方いらっしゃいますか?多分味がポカリスウェットと丸被りなので、その辺の問題で日本では展開が出来ないのかな・・・?マレーシアにお出かけの際には是非一度このマレーシアの国民的飲料100plusを飲んでみて下さい。常夏の国の味がしますよ。おすすめです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今のフェラーリの実力を十分発揮 F1シンガポールGP [フェラーリテイスト満載のF1]

表彰台の儚い夢をありがとう、フェラーリ

F1シンガポールGPが開催されました。日本は翌日が敬老の日の三連休ということで久しぶりにリアルタイム観戦です。シーズン唯一のナイトレースは高層ビルが並ぶシンガポールの街並みが美しく、セーフティーカーが毎年必ず入ることと2時間ルールが適用される可能性があるレースなのでいつも楽しみです。

今年もスタート直後に神スタートを決めたヒュルケンベルグが前のトロロッソに挟まれそのままバリアに直撃し(ヒュルケン、本当に残念!)SCが導入と波乱があったものの、その後は落ち着いたレース展開でメルセデスのロズベルグが優勝、2位はレッドブルのリカルド、3位はメルセデスのハミルトンとお馴染みの顔ぶれが表彰台に上りました。メルセデス勢は両マシンとも中盤からブレーキの温度上昇問題を抱えていましたが、終盤はペースを落したりと完璧なレースコントロールで2台とも安泰の走りでマシンが持つ圧倒的な強さを見せました。リカルドのプッシュも観客が「もしかして!?」と期待を持たせるようなナイスファイトでした。またレース中盤では因縁の対決とも言える、フェルスタッペンvsクビアトのバトルが長い間繰り広げられました。シーズン中に入れ替えられたドライバーの戦いとなるとヒートアップしますよね。型落ちフェラーリエンジンで非力なトロロッソのクビアトがフェルスタッペンの追撃を長い間かわし素晴らしいファイティングスピリッツを見せてくれました。多分オランダ人以外は全員クビアトを応援した瞬間だと思います(苦笑)

そして我らがフェラーリは予選でベッテルがまさかのQ1ノックアウトで最後尾スタートとなり、レースではどうなるかと思いましたが、戦略が見事にはまり5位まで上昇し今のフェラーリが持てる実力を全部出し切った大健闘のレースを見せてくれました。今回のベッテルの走りを見てフェラーリはメルセデスとレッドブルには劣るけれどもそれ以下ではないということに確信が持てました!そしてライコネンが一時ハミルトンを抜かし3位入賞を一瞬夢見ることが出来ましたが、やはり世の中そんなにうまくいくことはなく4位完走と頑張りました。今のフェラーリは運の見方が無い限り表彰台に乗れないのは明確なので一瞬でも表彰台の夢が見れただけでもファン感激です。ライコネンに関しては戦略ミスだろうという意見もある様ですが、彼自身がレース後のコメントで言及しているように、最後のピットインをステイアウトしてもハミルトンに抜かされなかったという確証はなく多分ハミルトンには抜かされていたと思うのでやっぱり4位が昨日のライコネンのベストリザルトでしょう。

次回はお隣のマレーシアGPです。そしてマレーシアの後は鈴鹿にF1サーカスが来ます。今年のワールドチャンピオン争いもニコが必死に食らいついているので、もしかしたらハミルトンと熾烈な争いがもう少し見れるかもしれません。次のセパンを楽しみにしたいと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

3連休は一時帰宅です [SLE検査&治療入院体験]

連休なので一時帰宅しました

昨日夕方に主治医の許可を得て一時帰宅しました。病院への戻りは月曜日の夕方の予定です。この一時帰宅を利用して落ちてしまった体力と筋力を少しでも戻すべく、散歩や買い物など積極的に動きたいと思います。今朝起きて気が付いたんですが、季節がすっかり夏から秋に変わってる!!入院中って曜日と季節と天気感覚が麻痺してしまうから久しぶりに外の世界に出てビックリしました。どうやら時間は確実に流れているらしい・・・(汗)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

検査入院ならドライヤーは持参した方がベター [SLE検査&治療入院体験]

病状によるけどドライヤーはあった方が良いかな

入院中の入浴について心配される方も多いと思います。手術や骨折等で体の自由が利かない場合お風呂の許可が下りるまでは無理です。その代り看護師さん達が体を拭くようのホットタオルを貸し出してくれるので遠慮なくお願い出来ます。動けない患者さんの場合看護師さん達が体を拭いてくれます。

気になる入浴時間ですが、看護師さん達の介助が必要ない成人は私が入院している病院では午前中にアサインされています。午後は小児科と成人の介助が必要な患者さんの時間です。一人の持ち時間は30分で8:30から入浴時間が始まり、お昼の時間に掃除が入ります。患者さんの人数により空き時間があるので午前中に入れなかった場合は看護婦さんにお願いして午後の空いている時間に入らせてもらうことも出来ます。基本的に平日の午前中は看護師さん達はやることが沢山あるので手のかからない患者さんを入浴させるというのはどの病院も同じだと思います。

となると、お風呂上りすぐに検査や受診のスケジュールになり、濡れた髪のままでは流石に拙いのでドライヤーが大活躍しています。ドライヤーを病室で使うのは他の患者さんに迷惑をかけるのでNG。洗面所で使いましょう。

ドライヤー.png
Panasonicのナノイーカールドライヤー

大きなドライヤーは置き場所に困ることを考え今回私は愛用のカールドライヤーを持ち込んでいます。細く置き場所も取らないので正解でした。髪の毛を乾かすには普通のドライヤーに比べると少し時間がかかりますが入院患者は時間は沢山あります。

ドライヤーは入院生活の必需品ではありませんが、あると便利なアイテムであることに間違いはありません。入院する理由にもよると思いますが自分の力でお風呂に入れる人で特に髪の毛の長い女性にはお勧めしたいと思います。院内は乾燥しているので自然乾燥だと確実に髪が痛みます。お持ちの方は旅行用の折り畳み式ドライヤーも便利かもしれません。

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア 白 EH-KN77-W

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア 白 EH-KN77-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病院は乾燥地獄!乾燥対策は必須です [SLE検査&治療入院体験]

3日目から乾燥で喉がイガイガに・・・(涙)

病院は乾燥する、という話を聞いていたのである程度覚悟はしていたものの3日目辺りから喉が予定通り(?)に乾燥に負けてイガイガ状態に。喉の他にもかなり気を付けてお手入れしていたお肌も乾燥によりカサカサになってきました。多分湿度は20%台・・・ある程度想定の範囲内だったとはいえ、まさかこんなに早くギブアップするとは!!これから入院の予定がある人は老若男女問わず必ず保湿アイテムを持っていくことをおススメします

今回私が事前に情報を入手し院内の乾燥対策として基礎化粧品の他に持ち込んだお品は、ハンドクリーム、ボディクリーム、リップクリーム、保湿ミストの4アイテムです。

入院_乾燥対策 (2).png
保湿に特化したアイテムで乾燥に戦いを挑んでいます

ハンドクリーム、リップクリーム、保湿ミストは今年マレーシアに行く際に成田の免税店でたまたま大人買いしたアメリカCreme De La Mer(ドゥラメール)」のトラベルキットの中身ほとんど。機内の乾燥に負けない保湿力と肌トラブルを一切起こさない優秀な化粧品で少々お値段は素敵ですが気に入って使っていて、その効果は病院でも保湿効果をいかんなく発揮してくれています。まさか病院で使うことになるとは・・・(汗)いつも使っているクリームは大きな瓶(ジャー?)でそのまま持ち込んでいます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | -